ハングオーバー

  1. ハングオーバー

12ヶ月連続配信リリース企画第二段「ハングオーバー」
Words and Music by MARIA FUKAGAWA
Piano by れーみ
Bass by 大沼貴弘

MARIA FUKAGAWA

MARIA FUKAGAWA(singer-songwriter) 1991年8月12日生まれ。O型。国分寺市出身。日本育ちのアメリカ人ハーフ。 2020年の目標は「弾き語りをできるようになる」こと。 ひとりっこのインドア派で花嫁修行を積むことが趣味。自称「うたとごはんを作る人」 大学を卒業後、内に秘めたる感情を発散するために楽曲制作を始める。 音を奏でる喜びに満ちたライブパフォーマンスが高い評価を受けている 音楽的な完成度の高い数多くの楽曲は、ボーダーレスに人を踊らせ、 彼女ならではの世界観で描かれた歌詞が鋭くも優しく心を掴む。 【Discography】 2018年2月、シンガーソングライターとしてソロ活動を開始。 2018年2月 シングル「でもだって」Vo.Pf.のみのアコースティック手作りCDの発表。 2018年8月 サブスクリプション音楽配信サービスにて人気曲の配信をスタート。       「HOTEL」「Luxury」「東京ネットワーク」を配信。 2019年2月 全国流通盤「PIONEER」をYutori care.Incよりリリース。             収録曲より「未来はばら色」「止まることのない社会」を配信。 2019年10月 100人規模の初ワンマンライブ「はじめてのよる vol.1」を超満員にて終演。 2020年1月 12ヶ月連続配信企画を行う事を発表。       会場限定発売のアコースティックCDのリリースが決定。3作品を発表予定。 これまでのライブで音源化の要望が強かった曲を中心に音源を制作中。     かねてから興味を持っていたラジオ番組を自主制作し、配信開始。 2020年5月31日(日) 連続リリースを記念した、ワンマンライブ開催決定!           「ふりだしは朝 phase.1」@代々木 Labo start:12:00

アーティストページへ