D.I.Y ongaku farm1のジャケット写真

歌詞

S and N

光の戦士ナチョス

前のめりに走り出して行きつく先は桃源郷

かと思いふと見上げてみとてここ問う元凶。

愛してるからと追い詰められて出てきた言葉は会い志TELL。

君の声さえ忘れてしまって君は一体どこだっけ。

悲しみ喜び美しみ全て大体伝えていざ出発。

頭脳明晰頭はいいけど

どこか足りないおもいやり。周りの事よりまず自分よねーって。

だから君から離れたい。

ジョナサン行ってもドリンクバーで5時間粘るとか離れたい。

マックでコーヒー 4時間いたぜと とにかく君から離れたい。

好きよ好き世も好きのうち。分かるよ十分。DEMO 離れたい。抱きたい。

嫌だよ離れたい。離れたい。そばにいたい。嫌だよ絶対。

君と僕はSとS。NとN。どうにかしても合わない。合わない。会わない

だからもっと離れたい。君の知らないところで生きたい。

君が疑れないところに行きたい。そしたら君を望遠鏡で覗きたい。

離れているから見てみたい。

遠くから君を見てみたい。何する事でもなく見てみたい。

  • 作曲

    光の戦士ナチョス

  • 作詞

    光の戦士ナチョス

D.I.Y ongaku farm1のジャケット写真

光の戦士ナチョス の“S and N”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

D.I.Y ongaku farm1

光の戦士ナチョス

光の戦士ナチョスとしてファーストアルバム。
ドラムと歌のスタイルからドラムから立ち上がりマイク一本でステージに立つスタイルとしてこのアルバムがここに完成。日本とインドでその活動の幅の限界を決めずに呼ばれれば行く、スタイルでモヒカンを今日も剃り上げる。宇宙に突き進むその猪突猛進スタイルで列車、洗車、ロケットをも先導して世界を平和に導く本作品は聴き手の耳をパラサイトするであろう。

アーティスト情報

  • 光の戦士ナチョス

    2014、インドに渡りドラムと歌のスタイルを発見する。 それまでは重機というベースとドラムのユニットで主に日本で活動し人気を集める。 一年のうち数か月は日本で活動し、残りはインドで活動中。 2019年8月にソロ活動の光の戦士ナチョスとしてのアルバムを発売し、今後も日本インド両国で盛り上げて行くことを目指し、現在は新作に取り掛かっている。

    アーティストページへ

Heavy Machine Record

"