花信風のジャケット写真

歌詞

花信風

なかのたいき

「いらっしゃい。来てくれて、ありがとうね。何をお持ちしましょうか?」

「もう寒い季節じゃないけれど、珈琲を一杯いいかい?」

この街の風景 そして匂い

風の音 また、手触りまで

なんか胸の奥 染み込んで

すっかり取れなくなってしまった

過去の私が顔を出して 次の私が迎えるんだ

そんな気がする もうずっと

とりあえず珈琲でも飲もうか

「それにしても、えらく久しぶりやね。あれから元気にしていたかい?」

暖かな風が少し吹いて あの日と同じ波がよぎる

ただ流れるこの瞬間 いくつもの光が集まった

ほんの1ページ絵の中 私は確かに輝くんだ

過去の私が顔を出して この街は確かに迎えてくれるんだ

そんな気がする これからもずっと

そんな日も街は流れる 暖かな風とともに

  • 作曲

    なかのたいき

  • 作詞

    なかのたいき

花信風のジャケット写真

なかのたいき の“花信風”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    花信風

    なかのたいき

和歌山県海南市にある「つながりの地、黒江」を舞台にした一曲。なかのたいきの伸びやかな歌声と黒江の街をイメージさせる温かみのある楽曲とがマッチした、まさに「最強のふるさとソング」である。ぜひこの楽曲を聴きながら、ふらっと黒江の街を訪れてみて欲しい。

アーティスト情報

  • なかのたいき

    和歌山県を拠点に活動するシンガーソングライター。 2019年3月始動。 同年4月に地元の音楽コンテストでベストボーカリスト賞を受賞したことをきっかけに、和歌山県でのメディア出演やタイアップなど活躍中。 若い世代を中心に確実に支持を集めていることから、まさに「和歌山のホープ」と呼び声高い。 特にその伸びやかな歌声とメロディアスな楽曲、力強い歌詞には要注目。 今後も目が離せないアーティストである。

    アーティストページへ


    なかのたいきの他のリリース
"