We Can Change The World

  1. hope (interlude)
  2. WE CAN CHANGE THE WORLD
  3. a Letter (interlude)
  4. WE CAN CHANGE THE WORLD (with chorus Ver.)

2017年のデビューシングル「Get Busy」より時を経て、待望の1st EPとなる本作はStevie Wonder等との共演も果たすキーボーディストGreg Hartdigeをプロデューサーに迎え壮大な作品となった。

2012年、AH HUHがNYに住んでいた時うつ病のルームメイトとの出会いをきっかけにこの曲の制作が始まった。毎日うつ病のルームメイトを元気づけたい一心で話を聞いて励ましていたAH HUHだが、ある日から部屋から出てこなくなってしまったルームメイト。そんな時いつも一緒にいてくれる人の有り難さを知ったと言う。

一人では何もできなかったとしても一緒なら世界を変えれるくらいの力が生まれる。私たちは一人一人が偉大であり、私たちは私たち自身を信じることによってはじめて変化をもたらすことが出来る。そんな愛と平和のメッセージをオーガニックに濃縮されたAH HUHからの等身大のメッセージである。

AH HUH

NY仕込みラップもこなすシンガーソングライター。 HIP HOPやREGGAE、ゴスペルやR&B・ソウルミュージックがバックボーンにあるが、最近ではアフロビートやテクノなども積極的に聞くなどジャンルにとらわれず成長し続けるアーティスト。 夢は世界中の人たちが愛と希望を持って生きている世界にすること。 その通過点としてグラミー賞受賞が目標。 待望の1st EP "We Can Change The World" が2020.5.16 リリース。

アーティストページへ