東京セラフィムのジャケット写真

歌詞

君恋エフェメラル

東京セラフィム

いつからだろう 僕の毎日は

君の存在が中心になっていた

ああ 君と話すと緊張しちゃって

なぜか 僕が僕じゃなくなっちゃうみたい

君に会えたらうれしいし

でもお別れする瞬間は

世界中で一番

不幸な人かもしれないな

「君のこと…」

好きなんて言えない 君を困らせるから

今はこうして君といられるだけで十分

伝えてしまったら もう会えなくなるかな

こんな僕だけど 誰より君を想ってる

君が他の人と話してたら 邪魔したくなっちゃう 仲良くしないで

なんて絶対言えないし言える権利もないけれど いつかは言いたい

僕にもわがまま言っていいよ

「もういっそ…」

この想い伝えたい 僕だけの君にしたい

他の誰かに取られちゃったら 立ち直れない

会いたいの僕だけ? 君はどう思ってるの

駆け引きできない こんなはずじゃなかったのに

釣り合うわけないし 身の程知らずだし

ずっと君のこと好きで居られればそれでいい

でも本当はやっぱ両思いがいい

なんて欲張りだね 君に出会えただけでも幸せで

この先何年も何十年経っても

好きだし愛してるし特別は君だけ

この恋が叶わなくても 君に会えて

こんな気持ちを知ることができてよかった

  • 作曲

    yUsUke

  • 作詞

    神凪星七

東京セラフィムのジャケット写真

東京セラフィム の“君恋エフェメラル”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

東京セラフィム

【1】キミトボクノ…
【2】天涯ノスタルジア
【3】天上天下ラブソング
【4】君恋エフェメラル

アーティスト情報

TokyoSeraphim

"