トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

80's city popや渋谷系、US indie pop、shoegazerなどに影響を受け、キャッチーなメロディーと内省的な歌詞を乗せることで同年代のバンドとは一線を画す異質のバンド、tonicwater。3ヶ月連続リリースの最後を飾る第3弾は、爽やかなサウンドにどこか開き直った歌詞を乗せた、アップテンポなポップスだ。冴えない男が紡ぐスピード感のあるストーリーに、どこか心当たりがある方も多いのではないか?

アーティスト情報

  • tonicwater

    2018年夏、Satoshi Haradaのソロプロジェクトとして活動開始。インターネット上に楽曲を公開し続けていたが、コロナ禍によりバンド文化の消滅危機を感じたことからバンドプロジェクト化を決意。2020年7月、根無草パラ男(Vo.&Gt.)Kentackey(Key.)、柴田(Ba.)加入。2020年11月19日、吉祥寺NEPOにて初ライブ。現在に至る。 City PopやAltanative Rockから影響を受けた楽曲制作をしている。つまりは何でもありで、ジャンルに囚われず幅広いアプローチに挑戦している。 2021年5月より、3ヶ月連続シングルリリース。

    アーティストページへ