いつかの、そしてこれからのwinterのジャケット写真

歌詞

いつかの、そしてこれからのwinter

AYAi

冷たい風が頬にあたると

思い出すのあなたのことを

最後の言葉を聞いたあの日も

凍えていたなぁ

寒がりな私を包む笑顔が

いつでもあっためてくれたよね

たった一つのともしびが消えて

冬にうずくまった

あぁ 春夏の木漏れ日

雪を少し溶かしたのかも でも

あぁ 秋が終わってまた

冬風が孤独を運んできた

どうして季節はめぐるの

忘れてたはずなのに 寂しい

あなたがいないと余計に寒いから

冬なんて嫌い

二人で過ごした思い出を辿る

あなたの笑顔を求めるよに

いつものベンチはどこか寂しげで

やけに冷たいなぁ

あぁ 失ったぬくもり

待ってても戻りはしない でも

あぁ 孤独を感じれば

あなたといたこと思い出せる

どうして季節はめぐるの

忘れたくないのに 好きよ

もしあのまま時が止まってたのなら

別れなくてよかった

いつまで寒さにうつむいて

前を向けずにいるんだろう

大事にすることと

止まるのは違うよね

春のあたたかさを

ちゃんと感じてたら

寂しい冬は来なかったのに

どうして季節はめぐるの

こうして季節めぐるから

踏み出せる一歩を 前へ

同じ冬は来ない受け入れてみよう

あたたかい冬を

でも忘れないあなたの笑顔がくれた

あたたかかった冬も

  • 作曲

    AYAi

  • 作詞

    AYAi

いつかの、そしてこれからのwinterのジャケット写真

AYAi の“いつかの、そしてこれからのwinter”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    いつかの、そしてこれからのwinter

    AYAi

2017年に配信限定リリース、そして2019年に3rd Single「waiting」のカップリング曲としてリリースされた
「いつかの、そしてこれからのwinter」が
再度配信リリース!

"夏が大好き"という思いが込められた「Catch the サマー」に対して
"冬が大嫌い"という思いから作られた冬の定番曲。
大嫌いな冬なんて来なければいいのにと思いながらも、
大切な人と過ごしたあの冬に想いを巡らせ…

アーティスト情報

  • AYAi

    名古屋/シンガーソングライター 身長149cmミニチュアシンガーソングライター 小柄な体からは想像できないパワフルな歌声が魅力 Re.Bell所属 名古屋を中心に活動 プライムツリー赤池内店舗「Re.Bell」にて 常時オリジナルCD、グッズ販売中 栄ミナミ音楽祭、クラブクアトロなどでライブ出演 TikTok,Instagram,Twitterにて情報発信中 ギター&ボーカルユニット 「Apacible vientER」ボーカルとしても活動

    アーティストページへ


    AYAiの他のリリース
"