A man floating in the airのジャケット写真

歌詞

Surreal moment

PhilFamilia

朝が来れば終演のサイン

一手喰らえば今生の風合い

明日の振れ幅分からない

強いて言えば無い様な夜だった

曖昧という温情で満たしてさあ

実に乞う

「愛してる」とハンマーで壊して

さあ

幾瀬憂えた平穏の際

蜜を喰らわば相応に旨い

味を占めて終われない

ひび割れた様に棘立った

曖昧なルール

本能で散らしてさあ

上に行こう

「愛してる」の

ハンマーで壊して

さあ

曖昧という温情で満たしてさあ

実に乞う

「愛してる」とハンマーで壊して

さあ

曖昧なルール

本能で散らしてさあ

上に行こう

「愛してる」のハンマーで壊して

さあ

  • 作曲

    サカイヒロユキ

  • 作詞

    サカイヒロユキ

A man floating in the airのジャケット写真

PhilFamilia の“Surreal moment”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

サカイヒロユキによるソロプロジェクト第二弾。
新たな音楽性に手を伸ばし、トラディショナルとプログレッシブを散りばめたポップス群。
前作より1年を経てミニアルバムをリリース。

アーティスト情報

  • PhilFamilia

    2004年前身バンドとなる3ピースバンドを結成。 2008年4ピースバンド”フィルファミリア”として活動開始。 北堀江 club vijon を拠点にライブ活動を行う。 主催イベント「大阪感情戦」ではインディーズ、メジャー問わず多くのアーティストと競演。堀江音楽祭をはじめ、サーキット型音楽フェスにも出演。 2012年メンバーの脱退により活動を休止。 2019年、Vo.Gtサカイは、悪性脳腫瘍の疾患を機に音楽活動の再開を決意し、ソロプロジェクトとして再始動。手術の後遺症のためライブは行えない現状であり、作曲・音源配信を中心とした活動を展開する。 様々なブラックミュージックに影響を受けたサウンドを基軸に進化を続ける音楽表現は次のフェーズへ突入する。

    アーティストページへ

"