A man floating in the airのジャケット写真

歌詞

Last Scene

PhilFamilia

瞬きもしないで

染まりたくなる火照りが

あなたの気分次第で

雨に溶けてた色が漏れ出そう

きっとこんなもんさ

お別れはもう飾らなくていい

きっとこれがそうさ

記憶を混ぜるのさ

Heart ache

Oh my daring

In the end bright and too burning heart

Heart ache

Oh my daring

そう、伝わ る鼓動が嗚呼

Just play back

And you?

冷めた目をしないで

掛け違えた意味が今解ける

遠ざかる生まれる

言い訳を混ぜてこないで

まだ伝え甲斐ないなあ

きっとそんなもんさ

祈りを叫ぶのさ

Heart ache

Oh my daring

In the end bright and too burning heart

Heart ache

Oh my daring

そう、伝わる鼓動が嗚呼

Just play back

And you?

影があかり灯して

歌う また艶づくように

乱れ描くこの手で

光れ さあ 色づくように

Heart ache

Oh my daring

In the end bright and too burning heart

Heart ache

Oh my daring

そう、伝わる鼓動が嗚呼

Just play back

And you?

  • 作曲

    サカイヒロユキ

  • 作詞

    サカイヒロユキ

A man floating in the airのジャケット写真

PhilFamilia の“Last Scene”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

サカイヒロユキによるソロプロジェクト第二弾。
新たな音楽性に手を伸ばし、トラディショナルとプログレッシブを散りばめたポップス群。
前作より1年を経てミニアルバムをリリース。

アーティスト情報

  • PhilFamilia

    2004年前身バンドとなる3ピースバンドを結成。 2008年4ピースバンド”フィルファミリア”として活動開始。 北堀江 club vijon を拠点にライブ活動を行う。 主催イベント「大阪感情戦」ではインディーズ、メジャー問わず多くのアーティストと競演。堀江音楽祭をはじめ、サーキット型音楽フェスにも出演。 2012年メンバーの脱退により活動を休止。 2019年、Vo.Gtサカイは、悪性脳腫瘍の疾患を機に音楽活動の再開を決意し、ソロプロジェクトとして再始動。手術の後遺症のためライブは行えない現状であり、作曲・音源配信を中心とした活動を展開する。 様々なブラックミュージックに影響を受けたサウンドを基軸に進化を続ける音楽表現は次のフェーズへ突入する。

    アーティストページへ

"