Hope Of End

  1. Hope Of End

ピアノとベースのデュオ曲として1990年頃演奏されていた曲を元に、ヴォーカルやコーラスを加え色彩豊かな新アレンジで生まれ変わった。
浅井芳治が語り部としてヴォーカルを担当し、石本松志のギターと河崎邦生のコーラスが解放のカタルシスをもたらしている。
Hope Of Endは「再生への望み」を主題とし、このコロナの時代に生きる多くの人が囚われている「鬱」からの解放を歌っている。
プラトンの洞窟の比喩をモチーフに、悪夢の中を彷徨った末、晩秋の豊穣な大地への畏敬の念を持って、朝日の中で賜りもの(Grace Thing)を希求する物語。
季節は晩秋からクリスマスの頃、安らかなるひと時を楽しんでいただきたい。

NewsGathering

ニュースギャザリングの起源は、1980年代の金沢にまで遡る。ヨーロッパの香りがする音楽集団として、注目を集めるも、その後 30 年間休眠し、近年のネットワーク音響技術に触発されて東京で活動を再開。 幅広いバックグランドで世界のどこかであり得たかもしれない絵画的な音楽を探求し、既視感とシンギュラリティが囁かれる現在の空気感を両価的に表現する。

アーティストページへ

Planet Wave