Playing

  1. Playing

テクノ・エレクトロニカアーティスト「Primula」の新曲「Playing」がindependent beatmaker label「XXX//PEKE//XXX」よりリリース。

Primula

思春期 & 青春エレクトロニック。 誰もを遠い少年の日に引き戻すメロディーと変質なサウンドを得意とする。 そのサウンドがUKを代表する映画音楽、テクノ・ダブステップアーティスト、SI BEGG(サイ・ベグ)の耳に留り『Jetlag And Tinnitus Reworks 5』でリミキサーとして起用される。 2012年8月、Neguse Group よりアルバム『Youth Center』で、デビュー。2014年発表のシングル『My 1st Time EP』はiTunes エレクトロニックチャートで1位を記録。同年7月には2ndアルバム『Aquarius』を発表。 そして2019年5月に3rdフルアルバム『GONE』を DÉ DÉ MOUSE 主宰 のnot records よりリリースする。 他に moshimoss による別プロジェクト Preghost へのアルバム参加や、チェコの Kubatko とのコラボレーション、ラッパー mal da kid、校庭カメラガールツヴァイ他へのトラック提供、韓国における電子音楽フェス Festival Morph や Beat Invitational などの大型イベントや、Natural High!、earth garden などの野外フェス、DOMMUNEへの出演、DÉ DÉ MOUSE 『dream you up」リリースツアーへの出演など、Masaki Watanabe とともに強烈なライブパフォーマンスを展開中。 未だ思春期とビートの両立を探求中。

アーティストページへ

XXX//PEKE//XXX

XXX//PEKE//XXX