SHARP DROPのジャケット写真

歌詞

Left Behind

黒木ちひろ

今日もまた僕は

僕じゃない誰かを

過ごしているみたいだ

日が暮れる

そう うまくできると思うよ

簡単なことさ

よく笑って よく喋って

飽きさせないだけ

努力で居場所は手に入る

愉快な 愉快なピエロをやろう

左利きの僕の

小指を折っていくような

糸に気付いたのは僕だけなのか

奇跡は誰にでも訪れるものみたいだ

僕の順番は いつだろう

今日も変わらない一日を

こなしてゆけるものだって

思ってた

あれ 何かがおかしいな

間違えたかな

どうしてそんな目で

僕を見るのか

幕が剥がれた 世界は

巨大な 巨大な怪物になる

左利きの僕の 手首を千切る手段を

面白おかしく話す人たち

渦巻く笑い声に手遅れになりそうだ

違う 違う 僕は、

「みんなとおんなじです。」

そう うまくできると思うよ

簡単なことさ

怪物が来ないように

息を殺して

怒らせないように

息を殺して

ここにいないみたいに

息を殺して

「みんなとおんなじです。」

今日もまた僕は

僕じゃない誰かを

過ごしているみたいだ

日が暮れる

  • 作曲

    黒木ちひろ

  • 作詞

    黒木ちひろ

SHARP DROPのジャケット写真

黒木ちひろ の“Left Behind”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

SHARP DROP

黒木ちひろ

インストゥルメンタル曲の“sharp drop”を始まりに、「左利き」をテーマにマイノリティの息苦しさを歌った“Left Behind”、沖縄戦を思い書かれた反戦歌“宇宙の島”、コロナ禍の始めにYouTubeで公開された“宝”のリミックス版など、今を生きる命への祈りが込められたセルフプロデュースアルバム。

アーティスト情報

  • 黒木ちひろ

    湘南・茅ヶ崎在住のシンガーソングライター。 痛みや弱さを率直に描き出すセンシティブな楽曲から哲学や人間愛を感じさせるような壮大な楽曲まで、言葉に重きを置いた創作をしている。 DTMでのセルフアレンジ曲を中心にリリースし、また空気感と透明感のあるボーカルを活かしカバー曲演奏や他アーティストとのコラボレーションも多い。 ライブではギターとピアノの弾き語りを中心に、ルーパーやサンプラーも使用し多彩なライブを魅せている。

    アーティストページへ

Studio Paula

"