SHARP DROPのジャケット写真

歌詞

黒木ちひろ

静まりかえった街の端っこ

今夜限りの月を見る

大事なものは一つきりじゃない

失くしたくなくて闘ってる

この風が過ぎたら遊ぼう

笑わせることだけを計画しよう

この波が去ったら騒ごう

ぼくらの宝はここで終わらない

海を越えて春が来る

花は変わらずに芽吹き出す

濡れた街に夏も来る

きっとあなたにまた会えますように

  • 作曲

    黒木ちひろ

  • 作詞

    黒木ちひろ

SHARP DROPのジャケット写真

黒木ちひろ の“宝”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

SHARP DROP

黒木ちひろ

インストゥルメンタル曲の“sharp drop”を始まりに、「左利き」をテーマにマイノリティの息苦しさを歌った“Left Behind”、沖縄戦を思い書かれた反戦歌“宇宙の島”、コロナ禍の始めにYouTubeで公開された“宝”のリミックス版など、今を生きる命への祈りが込められたセルフプロデュースアルバム。

アーティスト情報

  • 黒木ちひろ

    湘南・茅ヶ崎在住のシンガーソングライター。 痛みや弱さを率直に描き出すセンシティブな楽曲から哲学や人間愛を感じさせるような壮大な楽曲まで、言葉に重きを置いた創作をしている。 DTMでのセルフアレンジ曲を中心にリリースし、また空気感と透明感のあるボーカルを活かしカバー曲演奏や他アーティストとのコラボレーションも多い。 ライブではギターとピアノの弾き語りを中心に、ルーパーやサンプラーも使用し多彩なライブを魅せている。

    アーティストページへ

Studio Paula

"