SHARP DROPのジャケット写真

歌詞

石ころ

黒木ちひろ

夜闇の道にきらきらと

月の光を浴びて

輝く様が美しく

僕を呼ぶようで

擦りむけた足も構わず駆けた

一つ 一つだけ

この手に欲しい

それはただの石ころで

誰の為にもならなくて

だけどなんだって僕の心は

こんなにも引き寄せられている

僕の憂いは照らされて

あなたの声は遠のいて

ひそかに想いを馳せるとき

僕はここにいない

痛む頭も胸も忘れて

一つ 一つだけ

僕の平穏

それはただの石ころで

勲章なんかにならなくて

あなたはきっと

気に入らないだろうから

宝箱にしまうんだ

それはただの石ころで

誰の為にもならなくて

だけどなんだって僕の心は

こんなにも  ああ

それはただの石ころで

とても僕には大切で

いつかちゃんとあなたにも見せたい

こんなに綺麗なものを見つけたよ

はなさずに生きてみたいと思ったよ

あなたには決して

見つけられないもの

  • 作曲

    黒木ちひろ

  • 作詞

    黒木ちひろ

SHARP DROPのジャケット写真

黒木ちひろ の“石ころ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

SHARP DROP

黒木ちひろ

インストゥルメンタル曲の“sharp drop”を始まりに、「左利き」をテーマにマイノリティの息苦しさを歌った“Left Behind”、沖縄戦を思い書かれた反戦歌“宇宙の島”、コロナ禍の始めにYouTubeで公開された“宝”のリミックス版など、今を生きる命への祈りが込められたセルフプロデュースアルバム。

アーティスト情報

  • 黒木ちひろ

    湘南・茅ヶ崎在住のシンガーソングライター。 痛みや弱さを率直に描き出すセンシティブな楽曲から哲学や人間愛を感じさせるような壮大な楽曲まで、言葉に重きを置いた創作をしている。 DTMでのセルフアレンジ曲を中心にリリースし、また空気感と透明感のあるボーカルを活かしカバー曲演奏や他アーティストとのコラボレーションも多い。 ライブではギターとピアノの弾き語りを中心に、ルーパーやサンプラーも使用し多彩なライブを魅せている。

    アーティストページへ

Studio Paula

"