EXCUSE

  1. eurasia
  2. nobody knows
  3. creative rhino
  4. rock face skit
  5. sadness fellows
  6. late rock
  7. the play
  8. Columbia guide
  9. W
  10. back again
  11. a little bit sunny
  12. human eat rice
  13. balance out
  14. march as bull
  15. a life is short
  16. disgusting
  17. rocknroll swindle
  18. excuse

ダウンテンポを中心としたエフェクティブなビートが、ときにダンストラックとして、またはときとして叙情的に流れる。
ジャンルの枠に収まらないリズム感が気だるさと小気味良さを醸す。

Tallest CANE

JPOPに影響を受け音楽を始める。 そこから急にミニマルテクノと出会い、エレクトロミュージックに興味を持ち今に至る。 東京を拠点に制作を続けるTallest Cane 。

アーティストページへ

Canes Sound