ぼくの氷の鎧

  1. ぼくの氷の鎧
  2. 乳歯
  3. This Garden Man
  4. ぬれたつばさ
  5. 青いタイル

勤めていた会社を辞めて2ヶ月ほどスペインを放浪しました。帰国してから数年かけて書き上げた、甘酸っぱい果実のような5曲です。

物語の主人公は4人と1羽。
自分の世界に籠城する男(ぼくの氷の鎧)。乳歯が抜けた夏の少年(乳歯)。植物に話しかける庭師(This Garden Man)。雨上がりの空を仰ぐ小鳥(ぬれたつばさ)。遺跡の丘へつづく入江の小道をひとり歩くおじさん(青いタイル)。それぞれの短い物語を絵筆のかわりに歌で描きました。歌詞カードや動画はnoteやYouTubeに順次置いてゆきます。

縦に長い絵本

歌う絵本作家。日本語と英語でオリジナルの楽曲を創作するかたわら、スマートフォンで読む小さな絵本を2015年から連載中。じんわり切ないファンタジーです。

アーティストページへ