女の子

  1. 結晶 (Intro)
  2. 結晶
  3. 女の子
  4. 今のまま
  5. I'm Gone
  6. Get It Back Again
  7. Runaway
  8. 月のかけら (Intro)
  9. 月のかけら

ロンドン生まれ、日本とモロッコミックスの女性シン ガー・ソングライター Marian Mint (マリアン・ミント)、 ファーストEP『女の子』を2019年11月18日にリリース。

レゲトンとポップが融合したトラックに合わせて、繊細な恋を表現する「結晶」からスタートするMarian Mintのデビュー作品。

EPのコンセプトでもあり、表題とリード曲のタイトルにもなっている「女の子」はポップなレゲエサウンドに乗せて、恋愛において 女性が抱える不満をストレートに描いた歌詞が印象的な楽曲となった。

「今のまま」は王道なR&B調に乗せ、背中を押してくれる前向きな メッセージがこもった楽曲。
バラード調の「I’m Gone」とアップテンポなダンスミュージック「Get It Back Again」はMarian Mintが初めて自分で作詞を手がけ、シンガーソングライターとしての一歩を踏み出すきっかけとなった楽曲。

ミステリアスな雰囲気が漂う「Runaway」も自身で作詞し、彼女が持つ独特な世界観を体感できる楽曲となった。

最後の楽曲「月のかけら」はシンプルなヒップホップビートに合わせて声のレンジを使いこなし歌い上げた。

R&Bシーンのスタートラインに立ったMarian MintのファーストEPは、世代問わず、多くの女性に届くことを目標に完成。

Marian Mint

イギリス生まれ、日本育ち、そしてモロッコと日本のミックスであるMarian Mint。幼い頃からピアノのレッスンに通い、物心ついた頃にはシンガーになることを決心していた。邦楽はもちろん、洋楽も普段から聴いてる影響により自然と体に染み付いている。「女性の気持ち」を表現した歌詞と世界的に流行しているサウンドを取り入れた、新しいけどどこか懐かしい楽曲を歌いこなすMarian Mintは幅広い世代の女性から支持される新たなポップス歌姫になることを目標にしている。

アーティストページへ

1%