タイムマジックロンリー (スキカッテミックス)のジャケット写真

歌詞

タイムマジックロンリー

nuance

タイムマジック タイムマジック タイムマジック

空間をねじって作ったワームホールを抜けてくロンリー

うそマジ? うそマジ? feel so magic

向こうの時代で出会った誰かに恋をしてしまう論理

「あー、今日はどこの時代に行こうかな。」

「ここは不思議なダンスホール。準備はいいですか?そう、その調子です。」

「タイムトラベルしてみませんか?」

古いダンスホールの片隅

刻むビートに体ゆだねて

吐息 step step step

「その調子です」

「瞬きをした瞬間にそこは遠い昔の世界です」

レトロ映画のような街並み

ゆこうdance dance dance

「さあ close your eyes」

どこでもいいから今すぐ

私のこと 誘ってよ ah

タイムマジック タイムマジック タイムマジック

空間をねじって作ったワームホールを抜けてくロンリー

うそマジ? うそマジ? feel so magic

向こうの時代で出会った誰かに恋をしてしまう論理

「んー、なんで私ってこんなに不器用なんだろ」

「1946年のあの人のことを、こんなに好きになっちゃうなんて。」

「準備はいいですか?そう、その調子です。」

Everybody say wo!

誰も知らないはずの未来へ

今夜あなたをお送りしましょう

怖い気持ちを振り払うため

軽くstep step step

「さあ、open your eyes」

なんでもいいから今すぐ

私のこと 誘ってよ ah

Dancing magic dancing magic dancing magic

空間をねじって作ったワームホールを抜けてくロンリー

止めないで 止めないで it’s a magic

向こうの時代で出会った誰かに恋をしてしまう論理

Everybody say wo!

Everybody say wo!

タイムトラベル

シテミマセンカ?

どこでもいいから今すぐ

私のこと 誘ってよ私のこと 誘ってよ ah

タイムマジック タイムマジック タイムマジック

空間をねじって作ったワームホールを抜けてくロンリー

うそマジ? うそマジ? feel so magic

向こうの時代で出会った誰かに恋をしてしまう論理

Dancing magic dancing magic dancing magic

空間をねじって作ったワームホールを抜けてくロンリー

止めないで 止めないで it’s a magic

向こうの時代で出会った誰かに恋をしてしまう論理

「あー、また同じこと繰り返してる。」

「2105年のあの人のことが、今でもずっと忘れられない。」

「準備はいいですか?そう、その調子です。」

Everybody say wo!

  • 作曲

    佐藤嘉風

  • 作詞

    佐藤嘉風

タイムマジックロンリー (スキカッテミックス)のジャケット写真

nuance の“タイムマジックロンリー”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    タイムマジックロンリー (スキカッテミックス)

    nuance

数量限定で発売された4th minialbum「town」のアナログ版「new town」のみに収録されていた『タイムマジックロンリー(スキカッテミックス)』。

過去ランキング

タイムマジックロンリー

iTunes Store • J-Pop トップソング • ロシア • 10位 • 2021年9月13日

アーティスト情報

  • nuance

    2017年3月に横浜の商店街大人気イベント “ガチでうまい横浜の商店街No.1◯◯決定戦”『ガチ!シリーズ』のテーマソングを歌うアイドルユニットとして結成。 雰囲気のある楽曲と、歌詞の世界感を大事にした振り付けが話題を呼ぶ。現在までにミニアルバム3枚とシングルを2枚をリリースし、昨年12月には横浜最古のダンスホール『クリフサイド』にてアイドルユニット初のワンマンライブを開催。 その他にも横浜市の商店街廻る商店街ツアー 『yokohama shoppingstreet tour“ヌューコレ”』を行うなど、地域に根付いた活動も忘れない。 サウンドディレクターには“遊助”や“クレイ勇輝”に楽曲提供をしている『佐藤嘉風(かふう)』を起用し、楽曲制作には嘉風をはじめ、『オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)』や“KING OF PRISM”や“プリパラ”に歌詞を提供している『宮嶋淳子』等も参加。また、振り付けには劇団鹿殺しから『浅野康之』。ダンス指導には《C&K》のバンドメンバーでもある『FUYUMI』が参加。またクリエイティブゲストとして、クレイジーケンバンドの小野瀬雅生氏や、2nd minialbumには写真家のハービー・山口氏が参加と様々なクリエイターが参加している。 今年の8月には【SUMMER SONIC 2018】に出演。 from横浜。ものすごい勢いでゆるく進む。

    アーティストページへ

minima light records

"