トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

Elephant Gymによる2021年最初のシングル。この楽曲は「夢や幻想」をコンセプトにしながら制作している、次のニューアルバムに向けてのステイトメントともいうべき楽曲。あるバンドの楽曲をサンプリングすることで、夢の中で見る幻想と現実が絡み合っていく様が表現されている。

過去ランキング

Go Through The Night

iTunes Store • オルタナティブ トップソング • 日本 • 184位 • 2021年4月18日

過去プレイリストイン

Go Through The Night

Spotify • Monday Spin • 2021年4月19日 Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年4月9日

アーティスト情報

  • Elephant Gym

    2012年結成、台湾・高雄出身のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り入れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや高いテクニックを見せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い音楽性を体現し、ジャンルや音楽的枠組みを超過せんとする。 台湾では既に代表的なバンドとなっている一方で、世界各国にてリリース&ツアーを実施。2016年8月、1stアルバムが日本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018年2月、アメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品がCD&レコードで全米リリース。 2018年4月、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋谷)に出演、入場規制となり大きな反響を受け、2018年9月、「りんご音楽祭2018」及び「OOPARTS 2018」出演。 同年11月、2ndフルアルバム「Underwater」をリリースし、東名阪ジャパンツアー実施、代官山UNITの東京公演はソールドアウトとなる。また、北米公演全6箇所ソールドアウト含む、14カ国約100公演のワールドツアーを実施。 2019年11月、Tyler, The Creator主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LAドジャースタジアム)出演。それに伴い、北米ウエストコースト8都市を回る「The Blue Tour」を、日本のインストロックバンド・LITEとのツーマンにて実施。 2020年1月、日本にて初となる東名阪ワンマンツアーを実施、全箇所ソールドアウト。2020年8月のフジロックフェスティバル出演が発表されたが延期に。

    アーティストページへ

WORDS Recordings