すべてか弱い願いのジャケット写真

歌詞

生まれたことで

明日の叙景

いつか図鑑で見た宇宙の果ては

決してたどり着けないはずなのに

別の本に載っていた僕と似ていた

そこにたどり着いたとき

ぼくは僕の殻を破るだろう

大きな蛇が

すべてを飲み込もうとして

自らの尾を噛むように

膝を抱えて隠す口元

昼も夜も忘れたまなざし

尽きる

何も映さない瞳

どこにも行けない足

凪いでゆく胸中

流れる血潮がくすぐる

わずらわしい本能

小さな目に光を宿していた頃

夜空が怖くて

たしかに僕は泣いたんだ

永久さえ始まれば終わる

巡る人の世にはどうか

次は生まないで

  • 作曲

    明日の叙景

  • 作詞

    布 大樹

すべてか弱い願いのジャケット写真

明日の叙景 の“生まれたことで”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

日本を代表するポストブラックメタルバンドとして、国内外で積極的に活動を続ける明日の叙景の2nd EP。J-POP由来のメロディセンスと大衆文学・ライトノベルめいた歌詞をブラックメタルとして昇華する独自のスタイルは更なる進化を遂げ、その一つの到達点となった本作は、2020年代のはじまりに多くの音楽ファンを驚かせる。

過去ランキング

生まれたことで

Apple Music • メタル トップソング • 台湾 • 37位 • 2020年12月20日 Apple Music • メタル トップソング • リトアニア • 95位 • 2021年11月8日 Apple Music • メタル トップソング • 韓国 • 135位 • 2021年7月31日

アーティスト情報

  • 明日の叙景

    2014年結成。東京を中心に活動するポストブラックメタルバンド。日本国内の音楽から多大なる影響を受けた独自の演奏に、大衆文学めいた詩を乗せて音を紡ぐ。2018年に中国ツアーを敢行し、2019年には韓国のMadmans Espritの来日公演を主催するなど国際的に活動を展開。既成の価値の踏襲をRaw, True, Cult, Realなどと評価することに賛同せず、新たな価値を求める。

    アーティストページへ

"