月面よりのジャケット写真

歌詞

月面より -orphan's song-

hotobori

あの月のクレーターの

くぼみに家を建てよう

お日様と仲良くして

洗濯物を干そう

腰掛けてギターを弾くよ

小洒落た気持ちでムーンリバー

今どんな夢見てる?

君の事を考える

望遠鏡で覗きこめば

JRはまるで電子回路

ゆっくりと時がすすみ

文字通りここには僕1人

テレビもなければ車もないのだ、

何して過ごそう

死ぬ時は地球が見える

星の砂が舞う丘でくたばろう

今どんな夢見てる?

君の事を考える

それだけで充分だ

サヨナラと言えないまま

地球がきれいだ

  • 作曲

    羽田野 元彦

  • 作詞

    羽田野 元彦

月面よりのジャケット写真

hotobori の“月面より -orphan's song-”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

月面より

hotobori

淡くノスタルジーなサウンドに温かい歌声を乗せる"hotobori"のファーストフルアルバム。
シングル「あの夏のイマージュ」、「メモリーセブン」のリマスターに加え、曲が進むにつれて切なさと疾走感が増していくラブソング「クイーン」や、友達の部屋の事を歌った「秘密基地の持ち主」、vo.羽田野がフォークソングを意識し、自室で録音した「ミイラ男の夢」などを収録。
1曲目「月面より」から9曲目「眠らない街」まで、日々の生活を耳馴染みの良い言葉とメロディーラインでロマンを満たす、どこか焦燥を感じられるポップアルバム。

アーティスト情報

  • hotobori

    羽田野元彦(Vo,Gt)、所澤誠(Key.)、石川達也(Ba.)、タネダミツアキ(Dr.) 前身バンド"ごっこ"は2017年に活動を休止。 約3年の潜伏期間を経て、2020年8月、"hotobori"を改めて結成し、活動を再開した。 「心にグッと、グッドミュージック。」をキャッチコピーに掲げ、"hotobori"というバンド名には「聞いた後に何か残り火のようなものが残る音楽を作っていきたい」という思いが込められている。 都会的な音の中に、ノスタルジーな温もりを感じさせる。

    アーティストページへ

"