月面よりのジャケット写真

歌詞

ミイラ男の夢

hotobori

あぁ僕はこの憂鬱な

恋の大義名分がほしくて

ただ1つだけ嘘をついてしまったよ

あぁ僕はまた性懲りもなく

この道を歩いてしまってる

確かめたい事が1つだけあるんだ

あぁ僕はただなんとなく

この退屈な日常に

嫌気がさして逃げたくなるよ

あぁ僕がただそのぬくもりに

一切の身を委ねれば

軽はずみな理由は力をなくす

君に栄養を取られて僕は

ミイラになるよ

あぁ僕が見ていたいのは

君の情けない姿だ

他人に見せないとこを僕に見せて

あぁ僕はただその代わりに単純に

君のことを想うよ

僕の身体を捧げても良いよ

君に栄養を取られて僕は

ミイラになるよ

幸せな日常で乾いていく心を潤そう

君に栄養を取られて僕は

ミイラになるよ

少し恥ずかしいから

ぐるぐる巻きで包帯巻いてよ

心も体も乾涸びてこのまま

無くなりゃいいのに

何年か後、この思い出を

背負いながら僕は眠りにつくよ

グッナイ、グッナイ、グッバイ

  • 作曲

    羽田野 元彦

  • 作詞

    羽田野 元彦

月面よりのジャケット写真

hotobori の“ミイラ男の夢”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

月面より

hotobori

淡くノスタルジーなサウンドに温かい歌声を乗せる"hotobori"のファーストフルアルバム。
シングル「あの夏のイマージュ」、「メモリーセブン」のリマスターに加え、曲が進むにつれて切なさと疾走感が増していくラブソング「クイーン」や、友達の部屋の事を歌った「秘密基地の持ち主」、vo.羽田野がフォークソングを意識し、自室で録音した「ミイラ男の夢」などを収録。
1曲目「月面より」から9曲目「眠らない街」まで、日々の生活を耳馴染みの良い言葉とメロディーラインでロマンを満たす、どこか焦燥を感じられるポップアルバム。

アーティスト情報

  • hotobori

    羽田野元彦(Vo,Gt)、所澤誠(Key.)、石川達也(Ba.)、タネダミツアキ(Dr.) 前身バンド"ごっこ"は2017年に活動を休止。 約3年の潜伏期間を経て、2020年8月、"hotobori"を改めて結成し、活動を再開した。 「心にグッと、グッドミュージック。」をキャッチコピーに掲げ、"hotobori"というバンド名には「聞いた後に何か残り火のようなものが残る音楽を作っていきたい」という思いが込められている。 都会的な音の中に、ノスタルジーな温もりを感じさせる。

    アーティストページへ

"