OVER THE RAINBOWのジャケット写真

歌詞

ice cream

番匠谷紗衣

アイスクリームが溶けてなくなるまでの一瞬を

永遠だと信じてた

果たせない夢を抱えてる 心なんて操れない blank days

薄っぺらいラブソングだけで泣いちゃうくらい

おかしい 恋をしてる

I had fun being with you

意味のない世界で

君はいつも輝いて 手を繋いでくれた

もう君を忘れたいよ

レイジー 気付けば夕方

寒がりだからくっついてじゃれあってた

お腹が痛いと決まって優しくしてくれるのが好きで嘘ついたり

君が私の目をちゃんと見つめる瞬間

一番嬉しかったの

もし頼る人がいないとふと思う時は電話して

味方でいるから

I had fun being with you

意味のない世界で

君はいつも輝いて 手を繋いでくれた

もう君を忘れたい

どんな景色も全部君と見たかった

夏の匂いが胸をまた締め付けるけど

ほら歩き始めなきゃ

  • 作曲

    番匠谷紗衣

  • 作詞

    番匠谷紗衣

OVER THE RAINBOWのジャケット写真

番匠谷紗衣 の“ice cream”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

OVER THE RAINBOW

番匠谷紗衣

約1年間の休止期間を経て、今一度音楽と向き合った番匠谷紗衣の2年振りのリリース。
今作のテーマは"雨上がりを待つあなたとの22分間"。その暖かなサウンドはまるで番匠谷紗衣が、夜明けを待ち望む私たちの背中にそっと手を添えてくれるかのよう。 ノスタルジーを掻き立てられる歌詞、メロディー。 今の時代にこそ、聴いて欲しい作品となっている。
細部に数々のこだわりを感じさせながらも無駄を省かれた楽曲達が、彼女の音と言葉をダイレクトに届けてくれる。 現代に生きる誰しもがしばしば精神的な弱さやネガティヴな感情と向き合う必要がある。 そんな時にはきっと今作が、番匠谷紗衣が私たちに肩を貸してくれる。

アーティスト情報

  • 番匠谷紗衣

    番匠谷紗衣(バンジョウヤ サエ) 1999年1月4日生まれ 22歳 大阪出身 中学生の時にアコースティックギターで曲を作り始め、同時にライブ活動を開始。ライブハウスや福祉施設などを中心に、老若男女問わず歌を届け続ける。 2020年、一生音楽を続けていく場所として自主レーベル「Fill RECORDS」を発足。 なんばhatchでのワンマンライブを成功させる。 2021年7月28日にはFill RECORDSから初のアルバム『OVER THE RAINBOW』をリリース。

    アーティストページへ

Fill RECORDS

"