2049のジャケット写真

歌詞

深海 (2049 ver.)

MARINA NEO

短い針と長いのが

追いかけ合って暮れていく

自分の色に迷っても

答えなんて出ない

昨日までのことなど溶けていくだろう

自分が自分であるなど誰が決めるんだ

何億通りの自由

何億通りの自分

泡 沈む ゆがむ 呼吸

指 切れない 光 へ

描く真実

脳内映る景色

いつもの歪んだ空想

流されてもいいんだ

泳ぎ切れない 体力ない

瞼半分閉じればいい

汚れた空は見なくていい

このまま知らなくていい のか

薄目で見える世界には

いつでも振り回さ れる

怖がりになってたね

自分の姿も分からぬほど

なにも聴こえないところ

なにも見えない奥深く

本当は存在していた

私は息をしていた

短い針と長いのが

追いかけ合って明けていく

塗りたくられたその色は

消えない 消えない 消えない

何億通りの自由

何億通りの自分

ホログラム 浮かぶ 呼吸

誰も知らない歌に

描く真実

  • 作曲

    MARINA NEO

  • 作詞

    MARINA NEO

2049のジャケット写真

MARINA NEO の“深海 (2049 ver.)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2049

MARINA NEO

近未来を感じさせる世界観とサウンドで"NEO ROCK"を体現した2nd mini Album。
2049年。このミニ・アルバムは空想か、預言か。

アーティスト情報

  • MARINA NEO

    近未来的 "NEO POP" を掲げたシンガー/作編曲家。 エレクトリックポップに様々なジャンルを取り入れ、さらに映像やダンスを掛け合わせたパフォーマンスで魅せる。 作詞・作編曲だけでなくダンスの振り付けやVJ映像制作も自ら行う。 2017年9月以降、舞台主題歌・劇伴や他アーティストへの楽曲提供もしている。

    アーティストページへ

"