トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

ヴァイオリニスト・後藤勇一郎が、季節を感じる耳馴染みの曲や、自身がイメージする季節をオリジナル曲で奏でる「私季」シリーズ第二弾!
ワルツ組曲「私季」を中心とした季節を感じるオリジナル曲、そして「赤とんぼ変奏曲」をはじめとする耳馴染みの曲に斬新なアレンジを施した私季音の数々。
私季コンサートでお馴染みのヴァイオリンとピアノのみならず、私季らいぶでの中心となる無伴奏ヴァイオリン及び無伴奏ヴァイオリンデュオ。
そしてサウンドプロデュースユニット「勇晋」で手がけた、今時のトラックメイクを施したリズム楽器によるポップな編成と、楽曲も編成もバラエティに富んだセルフプロデュース第一弾!全11曲を収録。

公式サイト・https://gotsu.net

アーティスト情報

  • 後藤 勇一郎

    東京芸術大学卒。ソリストや室内楽奏者として、又各種オーケストラのコンサートマスターなど、ヴァイオリニストとしての幅広い分野に於て各地で活動。1997年、コンサートマスターを務めていた東京ポップスオーケストラの活動に於いてニューヨークへ訪問、国連総会議場やカーネギーホールにて演奏、ソリストとしても活躍する。室内楽の分野では1989年より約6年間、東京ヴィヴァルディ合奏団のソリスト兼コンサートマスターとして各地で演奏活動を行い、自身が音楽監督を務める東京ポップスカルテットによるCD製作やコンサート等、その活動は取り上げる楽曲と共に多種多様である。 バンド活動としては、‘Gークレフ’のメンバーとして約2年間の活動の後脱退。エレクトリックバンドに始まり、その後ヴァイオリン・クラリネット・ギター・チェロという一風変わった編成で挑んでいる自らのバンド”The Dynamites”でのライブ、ホールコンサート、アルバム制作、CMへの楽曲提供、又1999年第3回大阪国際室内楽コンクール&フェスタに於いて、日本のグループとして唯一本選に進み特別賞を受賞するなど、その活動は幅広い。 その他、多くのアーティストのコンサートツアーに参加したり、自己のグループによるスタジオワークで活動する一方、作編曲家としてCMや劇伴の作曲、J-POPのストリングスアレンジやトラックメイク等レコーディングアレンジャーとしてのマルチな活動と共に、現在は自身のライフワークとして季節を音で表現する「私季サウンド」を提唱、2002年にリリースしたソロアルバム「私季」、2015年にリリースした2ndアルバム「私季II」、そして2017年10月にリリースのシリーズ三作目となる「私季III」をベースにした「私季コンサート」「私季らいぶ」を中心に、ソロアーチストとしての活動を充実させつつある。

    アーティストページへ

GOTSU.NET Label