トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

anddy toy storeがYouthQuakeに所属する橋本奎がディレクションを努めるCarServiceをテーマにした楽曲、5枚目となるシングル「Grimace」をリリース

自分が持つ悩みや不安、相談事まで友達に電話して打ち明けた経験が誰しもが通った事があるだろう。
anndy toy storeのリリックでは、電話越しだから、電話越しだからこそ伝えることが出来る悩み、そして次への"ステップ"に上がっていく気持ちをそのまま楽曲に落とし込んだ一曲になっている。

また、anddy自身は関西で活動していながらもお互いがリスペクトし合う関係にある、関東を中心に若者から人気を集めている自動車を取り巻く様々な文化からインスピレーションを受けたアイテムをローンチするプロダクトレーベル"CarService"について綴った内容も表れたりとプロモーションを目的とした楽曲にもなっている。

リリックの中にも現れる、「開くGoogleMap」「iphoneがなきゃ困る」などanddy自身が関東に出向いた際、出くわした経験を上手くフローに載せている所はanddyのスキルが光るポイントである。

後日公開されるミュージックビデオはCarService 2022春夏シーズンのキーヴィジュアルにしており、CarServiceの新作をanddyが買いに行くストーリーとして出来上がっている

過去プレイリストイン

Grimace

Apple Music • イツマデモフレッシュ by Coming Freshers • 2022年4月28日 Apple Music • Songs We Dance To • 2022年4月27日 Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2022年4月22日 Spotify • FNMNL • 2022年4月21日 Spotify • +81 Connect:J-Hiphopの「今」と「その先」 • 2022年4月20日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年4月18日 Spotify • Monday Spin • 2022年4月18日

アーティスト情報

  • anddy toy store

    93年産まれ兵庫県姫路市出身。HHbush、DONA JEEZYに所属。 常に現況とそれに対する心境を綴ったリリックでありながらも心地よいフローや、ワードセンスにより、若者を中心に支持を集めている。 地元を拠点に「DONA JEEZY」と言う3人組グループで音楽活動を開始。 2019年から拠点を神戸に移してのソロでの活動も開始し処女作 EP「LIKE Uss」を各配信サイトでリリース 同時期にDJ.ビートメイカーであるcerfvillie所属のsullenとの出会いをきっかけに、2020年コラボEP「mastep all beats by sullen」をリリース。

    アーティストページへ


    anddy toy storeの他のリリース

HHbush