Love Storyのジャケット写真

歌詞

涙声 (Love Story Ver.)

肌埜 綾将

いつもとは違う Mail

突然着信が鳴った

それは別れを告げる Telephone

涙声が聴こえた

震えてるその声

触れる事も出来ず

画面の向こう側

泣いてる君を

抱きしめられなかった

君だけを愛したい

そう想ってたけど

僕達が見る未来は違う

So 一緒に過ごしてても

君はもう素直には笑えないんだね

夢を追いかける 君を愛していける

そんな器用な自分でいれたら

Ah 聴くこともなかっただろう

涙声

< 演奏 >

”サヨナラ”という言葉が

こんなにも辛く悲しく

聴こえるなんて思わなくて

何時(いつ)でもそばにいたから

もう過去(もと)には戻れない

ただ夢を掴む日見て

歩んでいけたら

君のココロも

少しは癒えるだろうか

君だけを愛したい

そう想ってたけど

僕達が見る未来は違う

So 一緒に過ごしてても

君はもう素直には笑えないんだね

夢を追いかける 君を愛していける

そんな器用な自分でいれたら

Ah 聴くこともなかっただろう

涙声

君は僕にくれた大切なモノを

いつかきっと自信持って

ただ一言「ありがとう」だけ

伝えたいんだ

君だけを愛したい

そう想ってたけど

僕達が見る未来は違う

So 一緒に過ごしてても

君はもう素直には笑えないんだね

夢を追いかける 君を愛していける

そんな器用な自分でいれたら

Ah 夜空へ叫びたい

I'm in love with you ずっと

ナミダゴエ To heart

Ah〜 Uh〜

  • 作曲

    日高 賢一

  • 作詞

    Ryosuke Hadano

Love Storyのジャケット写真

肌埜 綾将 の“涙声 (Love Story Ver.)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Love Story

肌埜 綾将

活動を開始してから4年、初のリリースとなるフルアルバム。アップテンポからバラードまで様々な「Love Story」が詰まっている。
自身のルーツであるJ-popに活動を開始してから触れ合うことの多くなったR&Bやジャズ、ファンクなどといったジャンルの要素を取り入れ、肌埜 綾将の音楽を追求した1枚となった。

アーティスト情報

  • 肌埜 綾将

    2016年4月にRYOSUKEとして音楽活動を開始し、2017年12月に初のシングル「涙声」をリリース。以降自身のルーツでもあるJ-popや活動を始めてから触れ合うことの多くなったR&Bといったジャンルをもとに自身の楽曲を制作、発信し続けている。2020年3月に活動名を本名である肌埜 綾将に変更。唯一無二の名前で唯一無二の歌声を届けて行く。

    アーティストページへ

Ryosuke Hadano

"