Love Storyのジャケット写真

歌詞

泣いていた花火 (Love Story Ver.)

肌埜 綾将

また逢おうと誓った空に

映るあなたと美しく咲く花火

今 二つ重なって

ひらひらと舞い落ちていく

永遠には咲くことない火花

海辺のベンチに座って

ぼんやり星を眺めた

水面(みなも)と心を揺らしたのは

終わりの夜風

あの頃の二人の 儚い夏の恋

また逢えると願った空に

映るあなたと美しく咲く花火

今 二つ重なって

はらはらと散っては消える

永遠には咲くことない火花

咲いては散ってく花びら

恋もそれと同じだと

雲に包まれた黒い空に

言われてるよう

あの頃の二人の 切ない夏の恋

また逢おうと誓った空に

映るあなたと美しく咲く花火

今 二つ重なって

ひらひらと舞い落ちていく

永遠には咲くことない火花

夏の月夜に照らされ

ひとりそっと目を閉じた

いろんな色した花火が

今日を染めて泣いてた

舞い落ちる花びらとこの想い

残された音だけが響いてる

あなたの鼓動は

もう聴こえてこないけれど

また思い出す

この季節にきっと

  • 作曲

    日高 賢一

  • 作詞

    Ryosuke Hadano

Love Storyのジャケット写真

肌埜 綾将 の“泣いていた花火 (Love Story Ver.)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

活動を開始してから4年、初のリリースとなるフルアルバム。アップテンポからバラードまで様々な「Love Story」が詰まっている。
自身のルーツであるJ-popに活動を開始してから触れ合うことの多くなったR&Bやジャズ、ファンクなどといったジャンルの要素を取り入れ、肌埜 綾将の音楽を追求した1枚となった。

アーティスト情報

  • 肌埜 綾将

    2016年4月にRYOSUKEとして音楽活動を開始し、2017年12月に初のシングル「涙声」をリリース。以降自身のルーツでもあるJ-popや活動を始めてから触れ合うことの多くなったR&Bといったジャンルをもとに自身の楽曲を制作、発信し続けている。2020年3月に活動名を本名である肌埜 綾将に変更。唯一無二の名前で唯一無二の歌声を届けて行く。

    アーティストページへ

Ryosuke Hadano

"