ECHOED -Re PLUGGED PROLOGUE- Front Cover

Lyric

ECHOED

ALBATROSS

行く先の無い思いだけが、

胸の奥でくすぶっていて

気分屋の気まぐれみたいに

突然目覚めて暴れ出す

瞼の裏に焼きついたまま

その姿は 消えかえた蜃気楼

対岸の明かりに向かい

歩きだそうとしても

不安で足がすくむ夜に

答えの出ない夜明けに

聞こえるよ 音のない朝に

聞き慣れた君のその声は

一瞬で時間と

記憶を巻き戻してゆくよ

魔法のように鮮明な

まばゆい朝ををつれて

動き出した時計の針と

脈を打つ鼓動のリズムが

あまりにもそっと当たり前に

寄り添ってシンクロしてる

何気ない言葉が景色を変える

もう夜を怖がる必要はない

一瞬で耳元から足の指先に

伝って足がすくむ朝に

まばゆい光照らす

聞こえるよ 立ち尽くす夜に

聞き慣れた君のその声が

途切れた時間と

記憶をつなぎあわせていくよ

魔法のようにおだやかな

愛しい今日をつれて

聞こえるよ 音のない朝に

聞き慣れた君のその声は

一瞬で時間と

記憶を巻き戻してゆくよ

魔法のように鮮明な

まばゆい朝ををつれて

  • Lyricist

    Hiroshi Kaifu

  • Composer

    Hiroshi Kaifu

ECHOED -Re PLUGGED PROLOGUE- Front Cover

Listen to ECHOED by ALBATROSS

Streaming / Download

  • ⚫︎

    ECHOED

    ALBATROSS

  • 2

    Yunagi and curtains

    ALBATROSS

  • 3

    STORY

    ALBATROSS

1998年 名古屋にて高校時代の同級生である、Vo.海部、Gt.一見、Ba.小林を中心に結成。その後、専門学校の同級生である、Dr.大野、Key島崎が加わり、現在のメンバーとなる。結成当時からその音楽スタイルは変化を繰り返し、これまでにシングル/アルバムなどあわせて5枚の作品をリリース。

当時は年間100本以上のライブを全国各地で行い、ライブバンドとしてその名を全国に轟かせインディーズ・シーンの中核を担う存在となっていたが、2000年代後半に島崎、一見、大野の3名が次々と脱退。メンバーチェンジを行い活動を再開したが、2009年のライブを最後に活動を休止。

その後、10年以上に渡り目立った活動は行っていなかったが、2022年3月20日、当時のホームグラウンドであった、名古屋アポロベイスの閉店に伴い開催されたライブイベント「さよならアポロベイス Last Quest」での、G-FREAK FACTORYとの2マンライブにて、当時のメンバー5人が集まり復活ライブを行い、活動再開を発表。

また、NEW EP「Echoed - Re PLUGGED PROLOGUE」のリリースも発表。(2022年7月)ライブバンドとして培った、生音が奏でる熱量と普遍的なメッセージ性はそのままに、ソウルやR&Bが持つしなやかなグルーヴ感に、ブラスやオーケストレーションが躍動するその音楽表現の幅は、ジャンルのボーダーをさらに超えて、豊かに大きく飛躍し、年齢を重ねた円熟味と再結成における音楽への初期衝動が共存し、その輝きは増している。

Past Rank In

ECHOED

iTunes Store • R&B/Soul TOP SONGS • Taiwan • TOP 1 • 19 Jun 2023 Spotify • Daily Viral Songs • Taiwan • TOP 4 • 19 Jun 2023 KKBOX • Soul Singles Weekly • Taiwan • TOP 46 • 22 Jun 2023 iTunes Store • All Categories TOP SONGS • Taiwan • TOP 72 • 19 Jun 2023 iTunes Store • R&B/Soul TOP SONGS • Japan • TOP 78 • 25 Sep 2022 Apple Music • R&B/Soul Top Songs • Taiwan • TOP 95 • 18 Jun 2023

Past Playlist In

ECHOED

Spotify • Viral Hits Taiwan • 14 Jun 2023 Spotify • Viral 50 - Taiwan • 4 Jun 2023 Spotify • Taiwan 臺灣/台湾 Top 40 - 在加納共和國離婚, 都是weather你, 離開的一路上, オレンジ, Fate • 7 Jun 2023

Artist Profile

  • ALBATROSS

    This five-member group traces its lineage back to city pop, AOR, and urban soul, yet crosses genres without borders, weaving anthemic music of the REIWA Japanese era. The one-of-a-kind sound that intertwines the message spelled out by frontman Hiroshi Kaifu with the soul and R&B-derived swells cultivated as a live band inspires listeners, while at the same time leaning in and talking to them. The band was formed in 1998 in Nagoya by high school classmates Kaifu (Vo), Amano (Gt), and Kobayashi (Ba). Later, Ohno (Dr.) and Shimazaki (Key) joined to form the current lineup. At that time, the band performed more than 100 live shows a year in various parts of Japan. However, in the late 2000s, Shimazaki, Amano, and Ohno left the group. The band changed members and resumed their activities, but went on hiatus after their last live performance in 2009. After that, they were inactive for more than 10 years, March 20, 2022. On March 20, 2022, they resumed their activities with a two-man live concert with G-FREAK FACTORY, which was held after the closing of their home ground, Apollo Base in Nagoya, at that time. They announced the resumption of their activities. In July of the same year, they released their first EP "ECHOED" in 12 years. In September, the band held a successful "The World Is Echoed" live concert. The year is 2023. After resuming their activities, they announced a new project, "9 Chants," in which nine newly created songs will be released consecutively over a period of nine months. Atsushi Shimazaki left the band on June 20, 2023, and Yuki Hanabusa joined as a new support keyboardist for "9 Chants". Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

    Artist page


    ALBATROSSの他のリリース
"