OYASUMIのジャケット写真

OYASUMI

-

Satanicpornocultshop

OYASUMI

  1. New Hyper Cutting
  2. New Summer Janken (part.1) [feat. D.J.G.O.]
  3. New Ya Zooo
  4. New Summer Janken (part.2) [feat. D.J.G.O.]
  5. New Pantsman
  6. Meat Not Wrraped
  7. New Haircut (feat. Gnyonpix)
  8. Cherokee
  9. Shin Gundensan (feat. CRZKNY)
  10. Information
  11. Oyasumi

Satanicpornocultshop待望のニューアルバムがKOOL SWITCH WORKSよりリリース。盟友でもあるCRZKNY、D.J.G.O.、Gnyonpixも参加。

過去ランクイン

New Summer Janken (part.2)

iTunes Store • ダンス トップソング • 日本 • 94位 • 2020年10月15日

New Pantsman

iTunes Store • ダンス トップソング • 日本 • 93位 • 2020年10月15日

Satanicpornocultshop

1997年、レヴィ・ストロースが「悲しき熱帯」の中で提唱したブリコラージュ(※注釈)の概念をHip Hopに導入し、Alan FolkroeとGhammehucheのデュエット形式で活動開始。TripTrap, LD&K, Subjectなどのコンピレーションに参加後、1998年にNu NuLAX NuLANより1stアルバム"Nirvana or Lunch?"をリリース。その後、1999年に"Baltimore1972"、2000年に"Belle Excentrique"を立て続けに発表。これらのリリースを皮切りに徐々に日本、イギリス、フランスから数々のリミックス、コンピレーションのオファーを受ける。 2001年、Alan Folkroeが事故で死亡、続くGhammehucheの脱退に伴い消滅する。数か月後、meu-meu(ビデオ・オブジェ製作・パフォーマンス), es(シャハナイ、ターンテーブル), ugh(エレクトロニクス、MC)、vinylman(ターンテーブル)が加入。実質的にメンバー全員が入れ替わり、音楽的にも以前の歪なコラージュを基軸としたものから、エレクトロニカ、Wired Hip Hopと呼ばれるビートの強い傾向にシフト。また、meu-meuが手がける映像、絵画、オブジェ、ughが手がけるブリコラージュ・アートなどにより音楽だけにとどまらない総合的な表現形態に発展していく。同年末にはフランスのBatofarに出演、これに伴いパリ、リール、ナントなどフランス7か所での初の海外ツアーを行う。 2002年、4thアルバム"Ugh Yoing"をリリース。 2003年、La BossaのLisa(ボーカル)を正式メンバーに迎え、Carl Stone, Yuko Nexus6, ヲノ・サトル, L?K?O, ホッピー神山などとともにフランスのSonore主宰の国内ツアーに参加。同年イギリスのWire誌で紹介され、"Anorexia Gas Balloon"がコンピレーションCD "Tapper10"に収録される。 2004年にはSonoreから5thアルバム"Anorexia Gas Balloon"をリリース、イギリス、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、カナダを初めとする数多くのメディア、ラジオ局に紹介される。8月には、デンマークのOvergaden Sound Art Festivalに映像で出演。フランスのD*i*r*t*y.com主宰の"Music for Babies"プロジェクトに参加。 2005年、"Zap Meemees(Sonore)"、"Orochi under the Straight Edge leaves(Vivo Records)"の2枚のアルバムをリリース。同年冬にはオランダ、デンマーク、チェコ、フランス、イタリアなど5か国にわたるEUツアーを敢行、 Alternativa Festival(プラハ)、Dalle Nuove Musiche al Suono Mondiale(トリノ)などに出演。ツアー中meu-meuが脱退、4人編成に。 2006年、Frosen Pine(ギター、MC)とLiftman(オルガン、ex. Our Hour)が加入し6人編成に。アルバム"Zap Meemees"がフランスの2005年度Qwartz AwardsのResearch部門で受賞を果たす。さらに、オーストリアのリンツで開催される芸術・先端技術・文化の祭典、アルス・エレクトロニカのデジタル・ミュージック部門でも同作品が優秀賞に選ばれる。また、イタリアの美術雑誌UOVOの"Pink Compilation"、イギリスのTribute to John Peel 等にも参加。6月に3度目のヨーロッパ・ツアーを敢行、パリのCie De La MusiqueおよびAligre 93.1FM のラジオプログラム”Songs of Praise"などに出演。11月にはポーランドのVivo Recordsから20曲入りシングル盤”.aiff Skull EP”をリリース。 2007年、カナダのpeppermill recordsによる”52 short weeks”、アメリカのWFMU局の[Cyclic Bits]のレイモンドスコット特集などに参加。4月、nejiより”Custom Drum Destroyer Remixes”をリリース。9月、ニューヨークのZONE: Chelsea Center for the Artsで開催れた”U Can' t Touch Dis: The New Asian Art”に参加。同月末から4度目のヨーロッパツアーで、パリのPalais de Tokyoで開催された”The Third Mind”、マドリードで開催されたExperimentaclub'07などに出演。12月にはイギリスのdisco_r.danceより”Custom Drum Destroyer Remixes”からタイトル曲がシングルカットされる。 2008年、ポーランドのVivo recordsから8枚目のアルバム”Takusan No Ohanasan”をリリース。アメリカのインディペンデントラジオ局WFMUの"Vote for your favorite WFMU Myspace Friends"に選出され、ファイバリット・バンドに選ばれる。 2009年の最初のリリースは"Closer ep"(neji)。3月、"Takusan No Osahanasan"がマケドニアの音楽雑誌Otsechkaが選んだ2008年ベストディスクに選ばれる。11月、ニューヨーク在住のアーティストElisabeth Arkhipoffの展覧会に参加。 2010年、1月、Yoko Ono Plastic Ono Band: THE SUN IS DOWN! remix competitionでTop20 Winners に選出される。3月、イギリスのSome Bizzareより9枚目のアルバム"Arkhaiomelisidonophunikheratos"をリリース。5月、続いて10枚目のアルバム"Catholic Sunspot Apron"をリリース。11月、イタリアのUp It Up! Recordsから"Kesalan Patharan ep"をリリース。 2012年、2011~2012年にBandcampでリリースした9枚のEP及びアルバム(wipeout ep (neji, 2011), nuclear ep (neji, 2011), remake ep (neji, 2011), hellasick ep (bootytune, 2012), 7’ inches or more...ep (neji, 2012), Salò o le 160bpm di Sodoma ep (neji, 2012), an†i-Buddhis♀ (neji, 2012), battle creek brawl (neji, 2012) and yudamen ep (neji, 2012).)から選曲された2枚組Juke/Footworkコンピレーション” AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!! [Greatest Hits 2011-2012]”をリリース。

アーティストページへ

KOOL SWITCH WORKS