Expressのジャケット写真

歌詞

Express

半径6メートル

八月の終わり夕暮れの中を

耳を澄まし歩いた小さい頃の事

掌に残る小さな傷跡

いつまでも消えてくれはしない

濁流の中を苦しみもがいて

光が消えそうになった叫ぶこともできず

ふと思い出した頭の中から

汽笛の音が聞こえた気がした

ふと見上げた満天の星を

分かつような流星は

北斗星を横切って

夜空の頂へ登る

星のまたたきの中をくぐっていく

それはまるでエクスプレス

誰かがささやく

失わないで

いつしか心が見えなくなってた

いつの日からか耳を塞ぎ続けてた

愛する人のかける言葉さえ

汽車の燃料にはならなかった

濁流の中を無理やりかき分け

その身を顧みずに僕を救い出した

川を流れてく光に紛れて

その中の一つとなっていく

やっと会えた君の掌にも

僕と同じ傷

川の輝きの中を昇っていく

それはまるでスチームボート

誰かが泣いてる

怖がらないで

君の声を探していた

何も言わずに消えてしまう

それだけはもう嫌だ

星のまたたきの中をくぐっていく

それはまるでエクスプレス

誰かがささやく

失わないで

空の煌きの上をわたっていく

僕らを運ぶエクスプレス

もう離さないで

一緒に行こう

どこまでもずっと

  • 作曲

    ハラコウサク

  • 作詞

    ハラコウサク

Expressのジャケット写真

半径6メートル の“Express”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    Express

    半径6メートル

半径6メートル ファースト・シングル。同じくシングル「プロトタイプ」と同時リリース。

アーティスト情報

  • 半径6メートル

    高校の同級生で結成された、6人組ポップロック・バンド。通称「ハンロク」。 男女のボーカルを特徴としたコーラスワークで『School’s Out 2013』にて準優勝。 その後も自主企画ライブで120枚をソールドアウトするなど、エネルギッシュに活動。 2021年9月、最新シングル『ツキサンチーズ』をリリース。来年にはファースト・アルバムをリリース予定。

    アーティストページへ

ヒトモヂレコーズ

"