のジャケット写真

繋ぐ世界

  1. 抒詩
  2. entrust
  3. Attitude
  4. 降り注ぐ日差しの中で
  5. 現想
  6. dawn
  7. Daylight comes there
  8. 果てぬ約束
  9. ユウキュウノヒカリ
  10. to each tomorrow
  11. 繋ぐ世界

2013年リリースの1st Full Album。
ハードコア、抒情ニュースクール、メタリックハードコアサウンドを基調としているが、ポエトリーリーディングを多用し様々な感情を表現するボーカル、ハードコア由来のシンガロングパートや大胆に取り入れたクリーンボーカル、地を這うような荒々しいリフやポストロック的なアプローチで聴かせるギター等、多様な要素が絡み合いとても一つのジャンルには収まり切らない音楽を奏でている。
そしてその楽曲の中で表現される世界観は日常に生きる人間の葛藤と苦悩。喜びと苦しみ。絶望と希望。満たされた現代に生きる5人の青年から放たれる日常よりの叫び。ポジティヴやネガティヴ。そんな単純な言葉では表し切れない人間の内面を映し出す。
大胆にリアレンジされ、常に変化を恐れない強さを突き付けた5曲の再録曲。ジャンルの垣根を超え、多くの要素を吸収してきた彼らのスタンスが色濃く反映された5曲の新曲。
ベストアルバム的な要素も含みつつ、確実に新境地へと踏み込んだ新曲たちから過去、現在、そしてこれからのa Soulless Painを感じることができる一枚となっている。

レコーディングエンジニア/プロデューサーには、Hiro氏(METAL SAFARI/STUDIO PRISONER)を起用。
ゲストボーカルとして"果てぬ約束"にKen氏(Cailn / ex-within the last wish)、"entrust"にKENTA氏(ex-IZP)が参加。
Natural Hope Creationの林氏(Cailn / ex-within the last wish/ guitar)がアートワークを手掛けた。

a Soulless Pain

2008年、名古屋にて結成。 ハードコア、叙情ニュースクール、メタリックハードコアサウンドを基調としているが、ポエトリーリーディングを多用し様々な感情を表現するボーカル、ハードコア由来のシンガロングパートや大胆に取り入れたクリーンボーカル、地を這うような荒々しいリフやポストロック的なアプローチで聴かせるギター等、多様な要素が絡み合いとても一つのジャンルには収まり切らない音楽を奏でている。 そしてその楽曲の中で表現される世界観は日常に生きる人間の葛藤と苦悩。喜びと苦しみ。絶望と希望。満たされた現代に生きる5人の青年から放たれる日常よりの叫び。ポジティヴやネガティヴ。そんな単純な言葉では表し切れない人間の内面を映し出す。

アーティストページへ

lastfort records