ふたりよがりすとのジャケット写真

歌詞

バイリーメン

まび江

昔ママが言ってた

「一番好きな人と

上手くいかないもの。

一緒になれないのよ。」

「指輪はつけたまま?」

「可笑しいこと言うね」

思い出す冷えた冬の背筋

待ち焦がれている日々も

君の好きな歌と歩いた

熱帯び始めたマフラー

外せないヘッドフォン

些細な言葉がなぞる心臓の縁

誰にも知らせない明日を迎えに来て

どれくらい僕ら

世界を止めていたんだろう

真っ赤な瞳

覗き込んでいたいだけ

触れたい 奏でたい

もう一度

あの星の近くに 落ちても構わない

君となら ふたりなら

君は世界のルールを

知ったつもりなんて顔して

悲しみも愛も全部

分かったふりしてメーデー

可愛い幸せ 重ねたとしても

目を閉じたままの

泣き虫ランナウェイ

この手を離せば

世界は消えてしまうの

真っ直ぐにまだ

繋いでいたいだけ

叶えたい 叶わない

どうでもいい

あの星の彼方へ 落ちても構わない

君となら

昨日のさよなら

途切れそうな夜

描いた白さを

絶やさないでいて

息を吸い込んで

世界に飛び込む速度

忘れていた 帰り道 会おうね

戻りたい 戻れない

もう二度と

あの星の彼方に 落ちても消えても

僕らの命を 僕らの世界を

君となら

  • 作曲

    まび江

  • 作詞

    まび江

ふたりよがりすとのジャケット写真

まび江 の“バイリーメン”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

不安で眠れない夜、私の歌があなたの心に寄り添えるように。シンガーソングライターまび江が贈る、私とあなただけのためのミニアルバム『ふたりよがりすと』前作、ひとりぼっちのための音楽をテーマに書いたアルバム『ひとりよがりすと』の続編です。クラウドファンディングで製作費用を集め、まび江初のCD盤としてリリースすることがきました。

アーティスト情報

  • まび江

    山梨県富士吉田市出身のシンガーソングライター。 華奢で小柄な外見から想像がつかないほど力強く伸びのある歌声と、等身大の歌詞で日々ファンを増やしている。 2019年 中央線制覇路上ライブ(高尾-東京駅)。山手線一周路上ライブ『10枚売れるまで次の駅に進めないツアー』  毎回各駅で歌ったものを録音したCD(30駅30種類)を制作、500枚を手売りした EP『ひとりよがりすと』リリース 2020年 『Offshore』MV公開 ミニアルバム「ふたりよがりすと」クラウドファンディング開始。4日目に達成。 2020年 12月18日『ふたりよがりすと』CDリリース 1000枚完売に向けライブ活動とShowroom配信を行なっている 2021年 6月『カスミソウ』リリース 【プロフィール】 趣味     アニメ・映画鑑賞  好きな色   水色 好きな食べ物 アイスクリーム、ラーメン、お寿司、卵かけご飯

    アーティストページへ


    まび江の他のリリース

N&M Records

"