First Story Front Cover

Lyric

zenbunatsunosei

Riju Iizuka

会えない日々が続くから

気持ちも離れてゆく

仕方がないと分かってる

だけど携帯握りしめてる私がいる

西口のロータリー 待ち合わせしたね

君は遅れてきたね 今は全てが愛おしい

瞼を閉じると 君が浮かぶ

ぜんぶ夏のせい 揺れる波の音

ねぇ、、思い出してしまうよ

"アイタイ"願っても 一方通行じゃないかな

不安な夜を 今日も過ごすの

会えない日々の向こう側

気持ちは増すばかりだよ

好きだった 君の匂いに

近いものは無いみたい 寂しくなる

初めて手を繋いだ あの時のこと

恥ずかしそうな君に もう一度会いたいんだ

何故か想う度 涙が出る

ぜんぶ夏のせい 背伸びしたワンピース

ねぇ、、思い出したくないよ

"アイタイ"願っても 一方通行はイヤよ

チクリと胸が 今日も痛いの

ふと君が 私の夢に現れる

肩寄せ合った去年の記憶でした

会いたくて会えないのがこんなにも苦しくて

打ち上げ花火 同じ場所からみたかった

ぜんぶ君のせい 優しくするから

ねぇ、、ぜんぶぜんぶ君のせい

ぜんぶ夏のせい 揺れる波の音

ねぇ、、思い出してしまうよ

"アイタイ"願っても 一方通行じゃないかな

不安な夜を 今日も過ごすの

  • Composer

    Riju

  • Lyricist

    Riju

First Story Front Cover

Listen to zenbunatsunosei by Riju Iizuka

Streaming / Download

First Story

Riju Iizuka

  • 1

    asuenotobira

    Riju Iizuka

  • 2

    TEPPEN

    Riju Iizuka

  • 3

    15nowatashi

    Riju Iizuka

  • ⚫︎

    zenbunatsunosei

    Riju Iizuka

  • 5

    spotlight

    Riju Iizuka

  • 6

    FIrst Story

    Riju Iizuka

This is the first work that was finally released with a nearly 300% achievement rate in a crowdfunding project launched by himself.
Six songs with her life-sized message of her 17-year-old, who also wrote the lyrics and composition.

The memorable 1st EP that opened the door to tomorrow with his own hands and advanced

Artist Profile

  • Riju Iizuka

    17-year-old singer / songwriter who works on songwriting for himself. 145 cm small body holding a big guitar With thoughts in life-size real words Live singing powerfully is a masterpiece.

    Artist page

PLATINUM MUSIC & CREATIVE

"