十響 -TOKYO-のジャケット写真

歌詞

こだま

HUMANDRIVE

夢現 通り過ぎた

流るる 時を駆ける

ぼやけた 都会のネオンで光る 涙のその理由も

目覚めて はらり落ちた

流るる 時を止めて ふわふわ浮かんだ

午前0時半の 黒い白夜に消えた

嗚呼どうして じれったい時計の針が

ねぇこうして ウザったいぐらい回って

もしかして狂った 未来過去今を刻んだ

還らぬドラマ

夜の風 流れ星 失いたくない色重ねて

キミの声 揺らめいて 消えてった 遠く消え去って

何千回エソラ描いて 繰り返してイロハ数えて

煌めいた空にその声も 風と共に去りぬ

窓の外に流れる色 街は騒ぐ溢れる人

流れ流れる世界の中 流れ流れる景色の中

夜の風 流れ星 失いたくない色重ねて

キミの声 揺らめいて 消えてった 遠く消え去って

何千回エソラ描いて 繰り返してイロハ数えた

煌めいた空にその声も 風と共に去りぬ

覚めない夢で謳う

  • 作曲

    HUMANDRIVE

  • 作詞

    HUMANDRIVE

十響 -TOKYO-のジャケット写真

HUMANDRIVE の“こだま”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

十響 -TOKYO-

HUMANDRIVE

アーティスト情報

  • HUMANDRIVE

    2010年始動 どこか懐かしい香りを漂わせ言葉と音をストレートに放つ、 東北×関東のメンバーで構成された4人組正統派ロックバンド 「HUMANDRIVE」

    アーティストページへ

"