十響 -TOKYO-のジャケット写真

歌詞

monoと音

HUMANDRIVE

あどけない明かりが 燦燦と揺れる

あれやこれやと目が泳ぐ そんな絶景で

うつろう景色が淡々と刻む 時が惑うって目が廻る

夜は華降る

それとない仕草で 永遠と塞いで

咲いて枯れてまた目を隠す 夕景に泣いて

虚しさで飾って街を抜け出して

足りないものを指で探す モノラル世界

ほら 壊れた世界で涙が揺れる 僕らの心を突き刺したよ

震えた声が雨になって 夜を濡らして

ほら 焦がれた世界の涙で揺れる 僕らの心を打ち抜いたよ

震えた声が色になって 明日を揺らしてくから

止め処ない明かりが 燦燦と揺れる

あれもこれも嘘で染まる そんな絶景だ

寂しさで飾って 部屋を飛び出して

足りない音を指で鳴らす モノラル世界

ほら 壊れた世界で涙が揺れる 僕らの心を突き刺したよ

震えた声が雨になって 夜をぬらして

ほら 焦がれた世界の涙で揺れる 僕らの心を打ち抜いたよ

震えた声が色になって 明日を揺らしてくから

僕の手の中でひらり

僕の目の中でゆらり

窓の外に夢がちらり

白黒と消えてゆく あの夜を追いかける

白黒と堕ちてゆく あの夜を捉えて気付く

胸の奥 ひらひらと その声で 散りばめて

振り向いて 抱きしめた想い出に色が咲く

胸を射す ひらひらと その色で 散りばめて

振り向いて 重ねてた 想い出に 色が咲く

過ぎ去る想い出 色になりて

  • 作曲

    HUMANDRIVE

  • 作詞

    HUMANDRIVE

十響 -TOKYO-のジャケット写真

HUMANDRIVE の“monoと音”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

十響 -TOKYO-

HUMANDRIVE

アーティスト情報

  • HUMANDRIVE

    2010年始動 どこか懐かしい香りを漂わせ言葉と音をストレートに放つ、 東北×関東のメンバーで構成された4人組正統派ロックバンド 「HUMANDRIVE」

    アーティストページへ

"