トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

シンガーソングライター大和田慧、待望の新音源は初のNYレコーディング!
昨年より親交を深めたNY若手ミュージシャンらと、荒削りながらもグルーヴィなバンドサウンドを持ち帰って来た。ボーナストラックにNYの歴史あるライブハウス”THE BITTER END”でのライブ音源を収録。大和田慧の音楽<NYサイド>全4曲!
M2「やさしいキス」にはひとりアカペラ動画で話題のシンガーよういんひょくがコーラスでゲスト参加。

収録曲目:
1. A Part Of Me
2. やさしいキス(gentle kiss) 試聴する
3*. some nights, some moments -live at the bitter end-
4*. 名前のない月(Nameless Moon) -live at the bitter end-
*bonus track

Vocals & Tambourine : Kei Owada
Bass: Kenji Tokunaga
Keys: Andre Chez Lewis
Guitars: JT Maple
Drums: Alex Drunt
Synth programming:
Tadashi Hirosawa(M1)
Backing Vocal : Inhyeok Yeo(M2)

アーティスト情報

  • 大和田慧

    大和田 慧(おおわだ けい/ Kei Owada) シンガーソングライター、作詞/作曲家。東京出身。 ソウルミュージックとキャロル・キングらに影響を受けた音楽性、深いまなざしを持つ言葉で静かにその世界へ引き込んでいく。定期的に渡米し、NY、LAでもライブやレコーディングを行う。NYアポロシアター・アマチュアナイトに自作曲で準決勝まで進出。 NHKみんなのうた「まどろみ」を手がけるなど楽曲提供も行う。2017年よりMONDO GROSSOに関わり、FUJI ROCK ’17にも出演。作詞を担当した「偽りのシンパシー (vo: アイナ・ジ・エンド)」はTBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」挿入歌となる。 2019年、Jon Brion(映画「マグノリア」など)、Shingo Suzuki(Ovall)、Michael Kaneko、小西遼(象眠舎)らを迎えたアルバム「シネマティック」をリリース。収録曲『Closing Time』は俳優・清原翔が出演したミュージックビデオや、TV番組「テラスハウス」で使用され注目される。 2021年6月、キーボーディスト宮川純をプロデューサーに迎え、コロナ禍で制作したEP「LIFE」をリリース。 表題曲「LIFE」を始め、今を共にいきるすべての人へ肯定的なメッセージを込めた。WONKの荒田洸、モノンクルの角田隆太、吉田サトシ、伊吹文裕、越智俊介(CRCK/LCKS)らが参加。収録曲「Seasons」は多数のSpotify公式プレイリストに入り注目された。6月末に丸の内Cotton Clubにてリリースライブを開催。

    アーティストページへ