ROOTUSERのジャケット写真

歌詞

AuthenticSummer

PEEP

照りつける青空のサンシャイン

語り告げる一夏のサマータイム

君の横顔に夢中で

溶けたアイスすら

もう気にも止めない

会いたいっていつも駆け出し

話題なしでも2人語り合い

日が落ちてもずっと笑いあい

夏の思い出は手を繋いで

暑さが喉にからみつく

あの日々のようだ

冷たい水が僕を

レモンの色に溶かす

何もかも今は

わかっていて欲しいんだよ

曖昧な言葉じゃ伝わらないけど

君の横顔を見つめていたかったよ

砂浜に消えてゆく記憶

もう戻れはしない

もう戻せはしない

真っ白な君と後悔の日も

夏の影が照らす

重なる2つの心は

夏のように消えていく

痛みを知るだけさマイハニー

優しく音に沈めばsorry

夏の少しだりぃかんじ

君といた日々が過ぎ去り

Listen to my song

聞いてくれ、

手紙にもよく似たメッセージ

何世紀過ぎ去っても変わらん

男と女ラブストーリー

熱さが海に落ちていく

オレンジのような

繋いだ手に流れる

温度が僕を染める

嬉しそうに笑う君をみていると

何もかも全てが愛しくなるほど

あの頃の僕はそれだけを欲しがって

当たり前の優しさに気づかずに

もう今年もこの季節

また思い出してしまう

夜の匂いと火花の雪化粧

夏だけがくれた日々

甘く儚い刹那は

色褪せず流れている

  • 作曲

    JUMPING JUNKIE

  • 作詞

    PEEP

ROOTUSERのジャケット写真

PEEP の“AuthenticSummer”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • PEEP

    JUMPING JUNKIEを中心に楽曲制作を行い、HIP HOPなど様々なジャンルに挑戦する4人組、PEEP。元々はメンバーそれぞれ、バンドやDTMなど違う活動をしていたものの、2020年に自身らのカルチャーや生活を表現するため結成された。

    アーティストページへ

"