欠陥天使論のジャケット写真

歌詞

日暈

破滅ロマンス

静脈にギターシールドを刺す

怠惰に近い営みに音を滲ませる

誓いを立てた日も 掠れて薄く

白んでいく景色に潤む酸素

諦めながら こんな風に

何となく 幸せになっていくのかな

魂を引き裂いて 縋った 今と

此処にいる事実が

私を愛している 証

暗闇の中に投げた 生命線を辿り

降りた天使のリング

薬指につけた

もうきっと会えないよ

君の心 覚えておくの

忘れられても

ホワイトベールが 包んで 眩ませる

安らかに 鼓動を紡ぎながら

重なる時を待って

魂を引き裂いて 縋った 今と

此処で歌う真実が

私を繋ぎ止めているの

  • 作曲

    ナガタトモヤ

  • 作詞

    梅星えあ

欠陥天使論のジャケット写真

破滅ロマンス の“日暈”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

欠陥天使論

破滅ロマンス

少女とアダルトさが混在する痛烈で繊細な歌詞をメロディアスなバンドサウンドで打ち出した1st mini ALBUM『欠陥天使論』。どうしようもない日常から吐き出された感情を涙や血液で可愛く綺麗にデコレーションしていく世界観は普遍的でありながらドリームポップ、ダブ、ギターロックの新たな要素を取り入れ、それぞれ違う表情を魅せる7曲を収録。

アーティスト情報

  • 破滅ロマンス

    ​どうしようもない日常から吐き出された感情を​涙や血液で滲ませた言葉でキラキラと可愛く綺麗にデコる。アダルトで少女的、強くも脆くもある平成インターネット世代が生んだVo.梅星えあの独特な世界観をキャッチーでメロディアスなバンドサウンドで表現する。

    アーティストページへ

"