ぼくらの日々

  1. ぼくらの日々

新型コロナウイルス感染拡大によって、普通の日常がどれだけ幸せだったかを実感した日々。

この状況が落ち着いたら、やりたいこと、行きたい場所がたくさんあります。

そして、いつも応援してくれるみなさん、友達、遠くにいる家族に会いたいから。
大変な毎日を嘆くより、明るい未来をイメージして前に進みたい。

子どもたちの元気な声が響く日常が、早く戻ってくることを願ってこの曲を作りました。

この曲を聴いて、大切な人のことを想ったり、やりたいことを夢見たり、みなさんにあたたかい気持ちになってもらえたら嬉しいです☆

桃乃カナコ

【プロフィール】 名古屋短期大学保育科卒業後、保育園で子どもと触れ合う中で保育士目線の楽曲を書き始め、「ゆびきり」が保育士雑誌ラポム「ラポム大賞」にて受賞。2014年12月に保育士シンガーソングライター 桃乃カナコとして「子育てに笑顔を」をコンセプトにデビュー。2017年には春日井市東部市民センターにてワンマンコンサートを開催し、500名をソールドアウト。テレビ番組にて特集が放送されるなど、愛知、東京、大阪をはじめ、全国の保育園・幼稚園で楽曲が使用される。サブウェイのテーマソング、ランドセル工業会のテーマソング、ごますり体験セット、栽培キットのタイアップソング、やまぜんホームズのCMソングなどに起用されるなど、現役保育士として働きながら多岐にわたり活躍中。 【コンセプト】 『子育てに笑顔を』 小さな頃からの夢だった保育士。 子どもたちと過ごす毎日の中で感じた、子どもたちの成長にとって大切なこと。 それはお母さん、先生の笑顔。 だいすきな子どもたちを幸せにするために、子どもたち、そしてお母さん、先生にも笑顔を届けたい♪ そんな思いから、がんばっているお母さんへの応援歌、子どもたちが楽しめる遊び歌、保育士目線でのメッセージソングなどを歌っています☆ 温かく、元気いっぱいな歌の力で「子育てに笑顔を」それが桃乃カナコの願いです。

アーティストページへ

POPCORN RECORD