ISOLATIONのジャケット写真

歌詞

PRISM

PULPS

冷たい雨が僕を貫いた

そういうこともあるのです

言い聞かせるように顔を上げたなら

ぼんやり虹が見えたのです

嬉しいことも悲しいことも

言葉に出来ないけど

思いつく限りの姿へ

あと少しで届きそうな空

裸足のままで 歩いて行くわ

知らない誰か 指差されても

思い上がりを 両手で抱え

このまま行くわ どこまでも遠くへ

代わり映えのない日々を占って

やるせなさから目を逸らせば

うつむいたままの萎れ花でも

悪くはないと思えるのです

相も変わらずちらつく陰り

手足をバタつかせて

気づいてほしい面倒だけど

まわり道を繋ぎ合わせよう

世界の果てまで迎えにいくわ

知らない誰か 呼んでいるから

明日のことは置き去りにして

歌ってあげるわ声を枯らしながら

濡れきったシャツは乾きはじめて

手招きの風が通り過ぎて行く

裸足のままで 歩いて行くわ

知らない誰か 指差されても

思い上がりを 両手で抱え

このまま行くわ どこまでも遠くへ

新しい光に照らされながら

旅はまだまだ続くのです

  • 作曲

    田井 彰

  • 作詞

    田井 彰

ISOLATIONのジャケット写真

PULPS の“PRISM”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • PULPS

    2020.8.20から活動を開始。小学校からの幼馴染で結成した日本のロックバンド、パルプス。 「ツタロックオーディション」や「battle de egg2020」など国内の主要コンテストでグランプリを獲得。日本のロックシーンで最も注目すべきバンドとなっている。 中毒性の高いメロディとノスタルジックなサウンドが特徴であるパルプスの音楽は、リスナーの心をくすぐり虜にする力を持つ。

    アーティストページへ


    PULPSの他のリリース
"