究極の九曲のジャケット写真

歌詞

僕の夢はすでに自由の境を乗り越えた

ワンナポ

眼鏡でしか見えなくなった時間を集め 聞いたことある言葉など並べてみれば

たぶん、無駄なものは 何ひとつ無いし たじろがない ふらつかない 今

ひと続き視線の先 沸き立つ虹を 追い掛けて走り出したら 手招された

あれは、不確かな「未来」が「覚悟」に カタチを変えたその瞬間

僕の夢は既に自由の境を乗り超えた 等身大の壁にもたれ 世界を語り尽くせ

裸のままのバランス 面倒見の良い余韻で 生き抜いて

今の続きをずっとこのまま歩んでゆけば 自分の年齢をまたいで亘るときが来る

たぶん、そのときが 夢のてっぺん 行き着いた生命の矛先

いつからかこの町に根を降ろしたその理由を一人でも多くの友に語る日が来たときは

どこを切っても同じ 満足だらけの笑顔を 届けよう

いつからかこの町に根を降ろしたその理由を一人でも多くの友に語る日が来たときは

どこを切っても同じ 満足だらけの笑顔を

僕の夢は既に自由の境を乗り超えた 等身大の壁にもたれ 世界を語り尽くせ

裸のままのバランス 面倒見の良い余韻で 生き抜いて

  • 作曲

    宮里コウゾウ

  • 作詞

    宮里コウゾウ

究極の九曲のジャケット写真

ワンナポ の“僕の夢はすでに自由の境を乗り越えた”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

ソウルフルな文言に、ジャズ&フォーク&ロックをふんだんに盛り込み浮世を創造する完成度の高い楽曲。常に飽きの来させないMCでライブ空間を演出する。2016 年リリース

熊本の古参弾き語リスト宮里コウゾウ、40 年にわたる作品創作に近年における集大成とも言える、至極の究極の選 択による、九曲をお楽しみいただけます。

アーティスト情報

  • ワンナポ

    熊本の古参ギター弾き語り「宮里コウゾウ」率いるユニット。多様なジャンルをアコースティックで造形。 2004年8月から、「Once Upon a Time」としての熊本で活動開始。 2009年TV東京の特番で『まぼろしの声を持つ男』と紹介され、知名度も一躍全国区へ。 ソウルフルな文言に、ジャズ&フォーク&ロックをふんだんに盛り込み浮世を創造する完成度の高い楽曲。常に飽きの来させないMCでライブ空間を演出する。

    アーティストページへ


    ワンナポの他のリリース
"