Memory Of Melodyのジャケット写真

歌詞

コイカゼ

ヒメクリ

急いで急いで急いでも

追いつけない

あしたへ向かって

吹き込む風はどうして

多くを語らず

行ったり来たりしているの?

教えてほしいよ

わずかな未来も 遠くにある今も

花のような笑顔さえも

目を覚ました時にはもう

枯れているかもしれない

時を超え 未来の方へ

風に乗って君に会いにいく

ずっと隣で手をつないで

歩いているのが

僕のままでいられたらな

冷たい空気が

二人のなか立ち込める

優しさがゆえに

風当たりも強くて

気づけば大切なことも

みな吹き飛んで

冷静さを欠いて 荒げた声は

もう戻せやしない

夕暮れの空が語りかけた

優しいなぐさめさえ

くやし涙さそってくる

何が君を傷つけたの?

今からだって遅くはないよ

あの日決めた二人の道

背中合わせ振り返ることなく

僕の向かい風 君は追い風

すれ違って通りすぎていく

時を超え 未来の方へ

風に乗って君に会いにいく

ずっと隣で手をつないで

歩いているのが

僕のままでいられたらな

  • 作曲

    池田圭一

  • 作詞

    池田圭一

Memory Of Melodyのジャケット写真

ヒメクリ の“コイカゼ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2019年12月14日発売。
全13曲収録の2ndフルアルバム
『Memory Of Melody』

収録曲にはライブで既に披露していた
「歌おう!〜Let's Sing A Song〜」や
「さよならは言わないで」「アンブレラ」
「大丈夫」や、結成当初から披露しメンバー二人が
初めて共に制作した「幸せはんぶん」、
1stフルアルバム発売時にデモ楽曲として先行配布していた
「走れ!」を収録。

新曲とライブでの人気曲、さらに古くからの楽曲が収録。
ヒメクリが目指してきた王道POPソングが新旧凝縮された
集大成となる一枚。

アーティスト情報

  • ヒメクリ

    埼玉県春日部市出身の歌謡POPユニット。2016年1月に結成。 楽曲制作をする傍ら、埼玉・東京・神奈川を中心にライブ活動を行なっている。 「真っ直ぐなハイトーンボイス」と「超王道なポップソング」で 日常の喜怒哀楽に寄り添った楽曲を表現。その楽曲と歌はリスナーだけではなく、 スタジオスタッフやライブスタッフ、プレーヤーにも共感を得て、 2016年亜細亜大学学園祭テーマソングを書き下ろし、 2017年8月 1st Full Album『NonStop OneStep』を発売。 同年テレビ東京系列「出没!アド街ック天国」本厚木編"目指せ!いきものがかり"のコーナーに取り上げられる。 2018年5月にはMiniAlbum『Separate』発売直後に、 ライブコンテストで優勝、またその一週間後には台湾で初海外公演にも挑戦。 さらに翌月にはNHKさいたま「日刊!さいたま〜ず」に出演しこれまでの活動を取り上げられる。 2019年元旦にはいきものがかり水野良樹さんが参加した”平成の神奈川の音楽シーン”の取材記事にヒメクリも参加し掲載され、同年5月にEXPASA海老名にて開催された東名高速道路全線開通50周年記念イベントにも出演しイベントのトリを務める。さらに12月には高島屋新宿店でのライブより全13曲収録の2nd Full Album『Memory Of Melody』を発売。 2020年には念願だったビナウォークミュージックディライトに初出演。 2021年には大東文化大学創立100周年事業、卒業生・入学生へむけた 青春テーマソングに歌と作詞で起用される。

    アーティストページへ


    ヒメクリの他のリリース
"