原罪のジャケット写真

歌詞

原罪

bias

Cows and Chickens

Graze in the sun

Unknown Future comes for sure

We need to take their life

For life

We haven't anytime for thinking

About the original sin for life

Why do we need to deprive

Why cannot we give anything

Without depriving of life

I just saw you

A starry night

Floating me on you

A vulnerable charm

A vulnerable pureness

A child became adult

With the same mind

Together being with you

So I heard your heart

So I could hear you

A black day happened then

On the island

We were blind so

Felt the air more

To get ease of life

And selfishness

In exchange for sinlessness

Renders unable to see the truth

There is no turning back anymore

Amid contradiction in reality

Losing

Consciousness unconsciously

I just saw you

A starry night

Floating me on you

A vulnerable charm

A vulnerable pureness

A child became adult

With the same mind

Together being with you

So I heard your heart

So I could hear you

  • 作曲

    根本啓一郎

  • 作詞

    根本啓一郎

原罪のジャケット写真

bias の“原罪”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

原罪

bias

  • ⚫︎

    原罪

    bias

のびのびと暮らす
牛たち 鳥たち
確実に起こる
恐ろしい未来

原罪を思う
僕たちは生きる
殺し合い生きる
摘み取って生きる

見とれていた
あなたの純粋さに
何もないと
何もできないと
思っていた
あなたの純粋さと
空のようで
無防備な愛嬌

アーティスト情報

  • bias

    芸術活動ほとんど全てを行うシンガーソングライター、根本啓一郎によるソロプロジェクト。ボーカル/作詞/作曲/編曲/演奏/mix/MV等を手掛ける。バンドPink The Shellでは東名阪ツアー、ワンマンライブを経験し、1st Album「スターヒル」がスマッシュヒット。根本啓一郎としてクラシック畑のメンバーとライブを数多く開催。2006-2008年頃に音源をPC完結する「ニジノダンガン」結成。映画楽曲使用や、人気投票で勝ち抜いた沖縄ライブ、17曲CDがヨーロッパ圏で一時話題となる。3.11を受けた根本啓一郎としてリリースした「平和」は細海魚プロデュース。iTunesオルタナティブチャート30位。収益寄付を行う。2020年発売の1st album「last milk」から「ユリ」「明け方のある日には」「快晴の彼方へ」が、シングル「汽笛」「輝きの中で」「あれから花が咲いて」「永遠に続かない関係へ」がDeezer Top Japanで1位を獲得。

    アーティストページへ

in tar records

"