トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

安生正人とYuusukeのデュオによるコラボレーションアルバム第2弾。前作「サウンドスケッチ」を彩ったケルティックハープとピアノに加えて、今作では安生正人による木管フルート(アイリッシュフルート)、リコーダー、Yuusukeによるチェレスタ、チェンバロの美しい音色も楽しむことが出来る。二人の作曲したオリジナル曲はもちろん、スウェーデンとアイルランドの伝統曲をオリジナルアレンジで収録。雪解け(Tina)の世界を彷彿させる全11曲を楽しめる。収録曲の「Deer’s March」は映画「ロボット修理人のAi(愛)」(2021年公開/田中じゅうこう監督作品)の挿入曲として2019 Ver.が使用されている。


■安生正人
アコウスティックギター・ケルティックハープ・アイリッシュフルート奏者・作曲家

1990年生まれ、栃木県宇都宮市在住。
自身で作曲したオリジナル曲と、ヨーロッパの伝統音楽のカバー曲を中心に演奏。
これまでに坂上真清、あらひろこ、hatao&nami などと共演。2018年にはJaen-Michel VEILLONとYvon RIOU、2019年にはSylvain BarouとRonan Pellenのステージのオープニングアクトを務める。
その他、朗読、演劇、舞踏、芸術との共演など多方面で活躍。
ソロアルバム「レヴォントゥリ」「relieur」「Luule」、ピアニストYuusukeとのデュオアルバム「Sound Sketch」「Tina」等を発売。
映画「ロボット修理人のAi(愛)」では、Yuusukeとのデュオ作品「Morning Sun」「Deer's March」「Rhythmic Heart」「微笑みのカケラ」が挿入曲として使用されている。


■Yuusuke
作曲家・ピアニスト

1984年生まれ。
5歳でピアノをはじめ、13歳から独学で作曲を始める。
音楽の持つ癒しの力に惹かれ、自身を含む人の心の癒しや豊かな自然をテーマに楽曲制作を開始。
現在は演奏・楽曲提供・ピアノ指導の他、デザイン、動画制作も行っている。
オリジナル曲を収録したヒーリングミュージックアルバムは、Amazon.co.jp、APPLE MUSIC、Spotify等で好評発売中。
映画「ロボット修理人のAi(愛)」では、初めて劇伴音楽、主題歌の作曲を手掛け、村島暁之、安生正人、iyoと共演している。


All Tuning to C=528Hz (A=444Hz)
for Deep Relaxation, Beautiful Overtone & Harmony.

過去ランキング

Tina

Apple Music • インストゥルメンタル トップアルバム • マレーシア • 34位 • 2022年7月10日

春色の風

iTunes Store • インストゥルメンタル トップソング • 日本 • 10位 • 2022年4月23日

アーティスト情報

  • Yuusuke

    作曲家・ピアニスト 1984年生まれ。 5歳でピアノをはじめ、13歳から独学で作曲を始める。 音楽の持つ癒しの力に惹かれ、自身を含む人の心の癒しや豊かな自然をテーマに楽曲制作を開始。 現在は演奏・楽曲提供・ピアノ指導の他、デザイン、動画制作も行っている。 オリジナル曲を収録したヒーリングミュージックアルバムは、Amazon.co.jp、APPLE MUSIC、Spotify等で好評発売中。 映画「ロボット修理人のAi愛」(田中じゅうこう監督/2021年公開)で初めて劇伴音楽、主題歌の作曲を手掛け、村島暁之、安生正人、iyoと共演している。

    アーティストページへ


    Yuusukeの他のリリース
  • 安生正人

    アコウスティックギター・ケルティックハープ・アイリッシュフルート奏者・作曲家 1990年生まれ、栃木県宇都宮市在住。 自身で作曲したオリジナル曲と、ヨーロッパの伝統音楽のカバー曲を中心に演奏。 これまでに坂上真清、あらひろこ、hatao&nami などと共演。2018年にはJaen-Michel VEILLONとYvon RIOU、2019年にはSylvain BarouとRonan Pellenのステージのオープニングアクトを務める。 その他、朗読、演劇、舞踏、芸術との共演など多方面で活躍。 ソロアルバム「レヴォントゥリ」「relieur」「Luule」、ピアニストYuusukeとのデュオアルバム「Sound Sketch」「Tina」等を発売。 映画「ロボット修理人のAi(愛)」(2021年公開/田中じゅうこう監督作品)では、Yuusukeとのデュオ作品「Morning Sun」「Deer's March」「Rhythmic Heart」「微笑みのカケラ」が挿入曲として使用されている。

    アーティストページへ


    安生正人の他のリリース

Peaceful Music