のジャケット写真

Lifeaholic

  1. Lifeaholic

UMBがお届けする日本語ラップ・コンピ『UMBC』からの第8弾シングルは、東北・福島のヒップホップシーンからmu-tonに続いて二人目の参戦となる、GILの「Lifeaholic」だ。
 郡山を拠点に2005年からラッパーとしての活動を開始し、UMBでは2012年から4年連続で本戦へ出場を果たし、さらに『UMB GRAND CHAMPIONSHIP 2014』ではベスト4にも進出したGIL。今年(2018年)2月に開催された『戦極MCBATTLE 第17章』では数々の強豪を相手に、見事初優勝するなど、日本のMCバトルシーンにその名を刻んできた。2016年には仙台の重鎮プロデューサー、6th Generationとgrooveman Spotに加えて、自らRed E.G名義でプロデュースも手がけた1stアルバム『The Remnants』をリリースし、さらに今年11月にはEP『STARDUST』を発売するなど、ラッパー/プロデューサーとして積極的に作品を発表し、ライヴパフォーマンスにも高い定評がある。
 今回のシングル「Lifeaholic」は、I-DeAの手がけるゴージャスかつドラマチックなトラックに、10年以上のラッパーとしてのキャリアから滲み出るGILの重厚感あるフロウが絡みつき、その両者がぶつかることによって生まれ極上のグルーヴ感が、実に中毒性が高い。これまでMCバトルで数々の死闘を繰り広げ、東北・福島のヒップホップシーンの中でサバイブしてきたGILならではの、熱い生き様が反映された曲と言えるだろう。

GIL

福島県郡山市を拠点に2005年からRapperとして活動をスタート。10年に渡り現場で止まることなくMICを握り、 Streetでの経験と自らの感性を融合させた重たい音と言葉でGrooveを生み出す。 地元郡山はもちろんこれまで県内外問わず数多くのLIVEをこなし、流行に左右されないオリジナリティ溢れるパフォーマンスは 各方面で高い評価を得ている。 また、フリースタイルにも定評があり、ULTIMATE MC BATTLEでは地方予選を4連覇し、GRAND CHAMPIONSHIP2014ではBEST4。 さらには戦極MC BATTLE第17章(2018)では見事優勝し、事実上日本一となる。 2016年には1st Album「The Remnants」をドロップ。 2018年11月、New EP「STARDUST」をリリース。

アーティストページへ

I-DeA

Libra Records