トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

過去ランキング

ヤワじゃない

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 台湾 • 3位 • 2021年7月17日 iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 40位 • 2021年5月28日 iTunes Store • 総合 トップソング • 台湾 • 77位 • 2021年7月17日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • マカオ • 182位 • 2021年7月19日

過去プレイリストイン

ヤワじゃない

Spotify • JUICE • 2021年7月21日 Apple Music • ブレイキング:J-Pop • 2021年5月28日 Apple Music • ヒップホップ ジャパン • 2021年5月28日 Spotify • FNMNL • 2021年6月3日 Spotify • Next Up • 2021年6月1日 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2021年6月8日 Apple Music • ニュー・ミュージック・デイリー • 2021年5月28日 Spotify • DIGLE SOUND:今聴くべき日本/世界の最新曲セレクト • 2021年5月31日 Spotify • Monday Spin • 2021年5月31日 Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年5月29日 Spotify • J-Pop 新幹線 • 2021年5月28日 Spotify • New Music Friday Japan • 2021年5月28日

アーティスト情報

  • Kvi Baba

    1999年生まれ、大阪府茨木市出身、21歳のラッパー/シンガーソングライター。ネガティブからポジティブを変換する自分なりのプロセスを綴ったメッセージと、ラップと歌を縦横するメロディックなフロウが特徴の新世代型のHip Hopアーティスト。友人の付き添いでたまたま訪れた大阪⻄成のスタジオにてノリでレコーディングをしてみた所、サクッと一曲出来てしまった事をきっかけに音源制作を開始。2017年あたりから SoundCloud上で立て続けに発表された音源が事に端を発し、2019 年より本格的な音楽活動をスタート。(当時19歳)いきなり数々のメディアの新人登⻯門企画にて軒並み高評価を獲得する他、 SALUやZORNといった国内のHip Hopシーンを代表するアーティストとのコラボレーションやR!ed Bullがキュレートする人気のマイクリレー企画『RASEN』へ参加するなど、デビュー時より高い注目を集める。また、ハイペースで作品をリリースし、ルーキーイヤーとなった2019年は1年間に2枚のEPとミニアルバムを発表。翌年、2020 年は、コロナ渦真っ只中の5 月に3rd EP『Happy Birhday to Me』を緊急リリース。変態紳士クラブのVIGORMANやRYKEY,NORIKIYO等が参加したこの作品は、iTunesとApple Musicの両ヒップホップチャートで1位を獲得。 11月には、vividboooyとのコラボ曲”Tired But Fine”を収録した4th EP『LOVE or PEACE or BOTH』をリリース。 2021年1月には、敬愛するラッパー、ZORNの武道館公演にゲスト出演。21歳で武道館のステージを経験。 4月からは4ヶ月連続配信リリース企画を実施。その後も、TikTokから人気に火がついた『Fuck U & Love U』、『Too Bad Day But… (Remix) feat. AKLO & KEIJU』を立て続けにリリースした。

    アーティストページへ

O.Y.W.M.