東京0時

  1. 東京0時

ラッパー/現代記録作家の大袈裟太郎がその原点であるHIPHOPに立ち返り紡ぎ出す東京の景色。
コントラバス/プロデュースにはショーロ・クラブなどで活躍する現代音楽家の沢田譲治を迎えている。

大袈裟太郎

ラッパー/現代記録作家 311以降のバランスを崩した世界ではジャーナリストと呼ばれることもあるが、その原点、そして姿勢は常にHIPHOPである。

アーティストページへ

W/O B [without borders]