さよならポップカルチャーのジャケット写真

歌詞

さよならポップカルチャー

mi mi re

ありふれた会話も終えて

2両電車は君を連れてゆく

錆びたホームから小さく手を振った

朝方の懐かしい空気が吹いてる

私は今日も

ポップカルチャーを横目に

君のラジオを聴いている

意味なんてなく笑った

あの時のような会話が

駆け抜けるように

便りない毎日にさえ

何とも思わなくなりそうだ

出来心で綴ったラジオレター

君ではわからないことばかりで

簡単なことばかりが

難しく変わってゆく

取り乱す勇気も本当も

意味はなくなるから

私だけのポップカルチャーは

どこかへ

君のラジオが消えてゆく

いつか会おうと言った

あの時のような会話も

日々も駆け巡り

そうしていつか忘れてしまう

さよならさえも忘れてしまった

分からないままに

終わっていくことも

きっと今は必要だった

  • 作曲

    永井 風思

  • 作詞

    永井 風思, 美遊

さよならポップカルチャーのジャケット写真

mi mi re の“さよならポップカルチャー”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

解散ライブを終えたその夜に、突然「さよならポップカルチャー」が発表されたと思います。
mi mi re から最後に何か贈ることができれば と4人で考え、リリースをしました。
これまでの2年間、応援していただき本当にありがとうございました。
これからもふと mi mi re 聴きたい と思ってもらえたらとても幸せです。 [ From mi mi re ]

Jacket : Sota Edo

アーティスト情報

"