Nan-no.Sonoのジャケット写真

歌詞

HOME (feat. MC 耀宗 & Level 13)

TAKUMA THE GREAT

閉這眼睛回憶我小時候的記憶

小巷路裡的公寓,2樓 鄰居跟親戚

一個日本人小時候住在台灣

有兩個國家的背景就是我的財産

民國76年在台北板橋出生

快到5公斤的巨大嬰紮下了樹根

産後害我媽在床上昏迷両天

但她照片裡在抱著我 幸福的笑臉

我爸是日本人但沒什麼特別印象

他的存在對我來說只是個歐吉桑

早就已經離婚 該把怨恨放下

從未感到孤獨感謝外婆養我長大

還記得阿嬤常常帶我去夜市逛街

回到家後偷看玫瑰之夜鬼話連篇

That was the highlight before the bed times

那些美好的日子塑造我的現在

Tell my grandma that I'm coming home

Going back to where I belong

思い出はセピア色

我該回家了

Tell my grandma that I'm coming home

Going back to where I belong

思い出はセピア色

我該回家了

Back to home

想回到石牌或是南部的斗六

Back to home

穿越回童年的時候

We never feel alone

都擠在客廳看電視

拿起畫筆像個瘋子

在房間當 畢卡索

阿公買的麵

配豬血湯 好對味

總能 take a break

有好多時間浪費

拷貝的錄影帶 被我看到壞

最愛阿嬤煮的控肉和飯菜

卡帶 收在 口袋

出門 雙載 騎著我最愛的bike

早上公園鬥牛

下午再打電動

晚上到空地把沖天炮射到空中

Back to home

舊房子有種獨特氣味

懷念晚餐陪阿嬤看歌仔戲的趣味

苦練 麥可 月球漫步

笑聲 屋內 反覆

Tell my grandma that I'm coming home

Going back to where I belong

思い出はセピア色

我該回家了

Tell my grandma that I'm coming home

Going back to where I belong

思い出はセピア色

我該回家了

8歳の頃まで過ごした台灣

もし死ぬ時ゃやっぱそこでClimax

ハーフに産まれて、人と比べて

少しだけユニークに日々を暮らせてる

夜市で買ったデカい唐揚げ

従姉妹のバイクの後ろ掴まって

やたら甘いタピオカミルクティー

夜をかけるバイクまるでリムジン

叔父さんに叔母さん家族御一行

面倒をよく見た姪っ子、甥っ子

かあちゃんは訳あって側にいない

だが寂しい思いは特にしない

正月ともなりゃ賑わうHome

爆竹と銅鑼に麻雀の音

赤い封筒、日本で言うお年玉

幸せな風景がそこにはある

Tell my grandma that I'm coming home

Going back to where I belong

思い出はセピア色

我該回家了

Tell my grandma that I'm coming home

Going back to where I belong

思い出はセピア色

我該回家了

  • 作曲

    Level 13

  • 作詞

    TAKUMA THE GREAT, MC耀宗

Nan-no.Sonoのジャケット写真

TAKUMA THE GREAT の“HOME (feat. MC 耀宗 & Level 13)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    Hit me back (feat. KO-ney)

    TAKUMA THE GREAT

  • 2

    Rapper's Life (feat. TATSU & SR23)

    TAKUMA THE GREAT

  • ⚫︎

    HOME (feat. MC 耀宗 & Level 13)

    TAKUMA THE GREAT

  • 4

    Nan-no.Sono (feat. m-al)

    TAKUMA THE GREAT

  • 5

    homegrown (feat. TONY INKWELL & TOSHIKI HAYASHI(%C))

    TAKUMA THE GREAT

TAKUMA THE GREATによる、全5曲からなる新作EP、"Nan-no. Sono"がついに到着。
コロナ禍に見舞われた近年、暗いニュースが続く世の中でも、Takuma本人はラップへの情熱を曲げず、そしてスキルフルに、なによりもhiphopへの愛を詰め込み、待ってくれているリスナーに「なんのその」という意思表示を込めたEP。
今回サウンドを支えてくれる面子は
国内屈指のMPCプレイヤーで海外にも活動を広げているKo-ney, そしてTakumaの1st albumからその多彩な楽器演奏スキルで支えてくれているSR23、大胆なサンプリングにTAKUMAのラップスキルが炸裂した
"DEAD SERIOUS"という曲でも記憶に新しい、フィラデルフィア出身の
Level13、さらに山口出身で国内外にそのChillでDopeなビートで定評のある、
m-al、そしてTAKUMAと同クルー、HOOLIGANZからはTOSHIKI HAYASHI(%C)と、オーソドックスなブーンバップ、ジャジー、そしてなんとG funkサウンドへのアプローチと、今作は多岐に渡り余すとこ無く良質なヒップホップへの拘りが伺える。
客演のラッパーには、TAKUMA自身がファンであるという大阪出身のラッパー
TATSU、そして台灣人ラッパーで近年TAKUMAが交友を深めているMC 耀宗(Zion P)、さらにTAKUMAの盟友にして、海外活動のパートナーでもある
TONY INKWELLらがバッチリと脇を固め、 言語や人種を超えたTAKUMAらしい人選になっている。
日本語ラップのまたその向こう、
世界を視野に入れたTAKUMAの世界観を皆で体験しよう。

アーティスト情報

Hooliganz & Co.

"